北海道 電気代 高い 節約方法 電力会社変更 looopでんき

冬の北海道は、ファンヒーター・ストーブ・パネルヒーターなど暖房設備にかかる電気代・灯油代があるので、夏よりも光熱費がかなりかさみます。

我が家の1年で一番光熱費が高い「灯油代と電気代」の明細が届きました。

電気代と灯油代合わせて3万円弱・・電気も灯油も消費しまくってます。

詳細の消費量・価格は、最後に追記してますのでどうぞ

2018年-2019年も灯油代が上昇してますし、北海道電力は電気代を2回も値上がりして高いまま・・

この記事では、冬の光熱費、特に電気代を1年間で18,000円安くなった”新電力への切り替え技”をご紹介します。

こんにちは、家族から批判を受けながらも暖房の電源投入を我慢していた札幌市3LDKマンション在住・兼業主夫のケンさく(@kensaku358)です。

厚着して、暖房を入れる時間をなるべく短くして、設定温度を下げて、冬の光熱費を節約する毎日・・

でも、私は2017年9月14日から電力会社をほくでんからLooopでんきへ切り替えました!

あなたは、もう変更・切り替え済みですか?

2017年9月から電力会社を新電力会社へ切り替えて、1年間約18,000円節約に!(ニヤリ)

スマホ・パソコンから申込み手続きするだけで、一切面倒なことがなかったです。

それなのに電気代が年間18,000円も安くなるのです。

いつまでもダラダラと北海道電力で、10%も高い電気代を払い続けている事がデメリットと思いました。

1ヵ月の電気代が1万円超えしているなら我が家と同じ条件のはず!是非この記事を参考にしてください。

ちなみに、我が家は4人家族で約80㎡強のマンション住まいです。

暖房・給湯は灯油式ボイラー。リビングがパネルヒーターで個室がファンヒーター。キッチンのコンロはIHで電気です。

Looopでんき キャンペーン 電気 切り替え

WEBで申し込むだけなのに、我が家は1年18,000円節約になった電気代節約技の貴重なキャンペーン企画ですよ~♪

<全員プレゼント!12月31日まで>

※2017年11月15日に公開した記事ですが、リライト記事に必要な文言等や、追記して2018年11月21日に再度公開しました。

北海道で新電力会社Looopでんきに変更すると1年間18,000円も電気代節約に!

新電力 切り替え 1年間18,000円節約 Looopでんき

北海道にお住いのあなたは冬になると、

「毎月の電気代が余裕で1万円超えしてませんか?」
「家にいる時間が長くありませんか?」

もしかしたら、我が家と同じように年間約1.8万円電気代を安くできるかもしれません!

我が家が電気代シミュレーションをして決断した事は、

北海道電力から新電力会社「Looopでんき」に切り替え

したことです。

2017年9月14日から切り替えして1年経過しました(2018年11月21日現在)

利用月 使用量kwh 北海道電力
従量電灯B
Looopでんき 節約額
2017年10月 344 11,527円 10,113円 1,414円
2017年11月 354 11,818円 10,361円 1,457円
2017年12月 378 12,610円 11,048円 1,562円
2018年1月 484 16,264円 14,238円 2,026円
2018年2月 404 13,670円 11,994円 1,676円
2018年3月 384 13,115円 11,526円 1,589円
2018年4月 379 13,015円 11,449円 1,566円
2018年5月 388 13,501円 11,895円 1,606円
2018年6月 303 10,529円 9,295円 1,234円
2018年7月 328 11,396円 10,053円 1,343円
2018年8月 360 12,542円 11,059円 1,483円
2018年9月 323 11,324円 10,002円 1,322円
TOTAL 4,429 151,311円 133,033円 18,278円

上記電気代は、再生可能エネルギー発電促進賦課金、燃料費調整額を含んだ金額です。

ちなみに、再生可能エネルギー発電促進賦課金は全国一律、燃料費調整額はLooopでんきと北海道電力では同額です。きちんとした公平な比較となりますよ。

節約額は18,278円。1ヵ月にすると1,523円。シミュレーション以上の結果になりました!

1年間で約18,000円節約になれば、冬の電気代アップ分が軽減されますよね。

もし、電力会社を切り替えないで北海道電力のままにしていたら、

5年間で約90,000円、10年間で約180,000円

も損していることになっています・・

電気代を安くするためには、1ヵ月でも早く新電力会社に変更するのが賢い技だと私は思いました!

まずは、Looopでんきの電気代シミュレーションをしてみる事をおすすめします。

先月の電気代や電力使用量を入力するだけなので簡単にできちゃいますよ。もちろん無料です!

<検針票があれば1分で終了!>

でも、新電力会社ってなんだか怪しいのでは?

すぐに倒産してしまう危険性があったり、すぐに停電したり。

しかも、倒産したら電気が使えなくなってしまうんじゃないの・・?

という不安になりますよね。電気が使えなくなったら大問題ですからね。

でも、大丈夫!ということを次に書いていきます。

\ 基本料金0円の料金情報はこちら /
looopでんき料金

新電力会社は不安?トラブルが起きても消費者保護なので電気が止められることはない

新電力会社に変更しても、電気の供給はほくでんと契約している時と変わりません。

我が家は、2017年9月14日からLooopでんきから電気の供給を受けてますが、停電など一切ありません。

勘違いしやすい所なのですが、電気の供給は、契約した会社によって品質が違うなどはあり得ません。

なぜなら、今までと同じ送電網(電力ネットワーク)を使用しているからです。

送電部門は、北海道電力が担当しています。

たしかに、倒産や撤退という可能性はあります。企業ですから当然リスクがゼロではありません。

しかし、倒産や撤退した場合は、北海道電力や他の新電力会社と契約変更すれば良いだけのこと。

その時もLooopでんきだと変更手数料もかかりませんし、スマホ・パソコンから手続き可能なのです。

実際にLooopでんきと契約して地震大規模停電体験記事も「北海道新電力比較ガイドブログ」に書いてますので是非お読みください!


次に、新電力会社への変更ではなくて、電力会社は北海道電力のままで「アンペア変更」しても安くなるのでは?

と考えているあなたのためにまとめていきます。

冬の北海道で電気代を安くする方法の1番手アンペア変更はストレスに!そして古い!?

冬の光熱費節約術 電気代灯油代

HTBテレビ「イチオシ」で冬の光熱費節約方法が紹介されました。

冬の光熱費節約のポイントは、1番高い電気代としてまずは、ほくでんのアンペア契約の見直しを説明していました。

ほくでんの電気代=基本料金+電力量料金+再エネ発電賦課金

ほくでん電気料金仕組み
※画像は電気料金の計算方法 – 北海道電力より

このうち、電力量料金は電気を使った量によって決まりますが、基本料金はアンペア契約数によって毎月固定されています。

ほくでんアンペア変更 基本料金
※画像はアンペア変更 – 北海道電力より

ですので、

基本料金を少しでも安くすること⇒アンペア変更すれば電気代を安くできる

ということです。

しかし、今まで何も考えることなく使っていた電化製品を意識しながら使うということは、結構ストレスになるんです。

ブレーカー落ちるかも?とビクビクしながらドライヤーを使う生活っていかがなものでしょうか?

ストレスになりませんか?

それだったら、アンペア変更をしないで「基本料金=0円」を実現してくれるのが、新電力会社「Looopでんき」への変更・切り替えがスムーズです。

電力会社は、2016年4月の電力自由化になってからは北海道電力だけではないのです。

ストレスフリーで電気代を安くしたいなら、「基本料金無料」の電力会社へ変更するのも一つの手段!

「アンペア変更vs新電力会社変更」についての記事も「北海道新電力比較ガイドブログ」に書いてますので是非お読みください!

Looopでんきにもデメリットはあるんでしょ?

それでも、電気は北海道電力が安心!と考えて何もしませんか?年間17,000円のお得は必要ありませんか?

だけど、Looopでんきにもデメリットはあるんでしょ?

正直、私は契約4ヵ月時点でデメリットを感じておりません。

WEBから申し込むだけで、電気工事の立ち合いもなく、ただ供給を待つだけで面倒な事が何もありませんでした。

支払いがクレジットカードのみだとか、明細もwebでしか見れないとか言われてますが、北海道電力の時も同じでしたし。

倒産や撤退の危険性は、どの会社でも同じと考えてますし。

しかし、新電力会社の販売シェアを調べると、Looopでんきは北海道でのシェアが3位!

さらに、Looopでんきは家庭への供給だけでなく、企業などの法人への高圧電力部門のシェアも高いので、年々売上が上がり続けています。

もはや、デメリットという要素が見当たらない!?

いいえ、電力会社を切替えないで、高い電気代を支払い続けていることがもはやデメリットと私は思います。

Looopでんきのデメリットについての記事も「北海道新電力比較ガイドブログ」に書いてますので是非お読みください!

電気・水道・灯油の使い方で冬の北海道光熱費を安くする方法5選

冬の光熱費節約術 電気代灯油代

HTBテレビ「イチオシ」では、アンペア変更の他にも、暖房やトイレなどの使い方をほんの少し意識して工夫するだけで、1年間で約13,000円安くする方法として紹介してました。

石油ストーブ設定の裏技

設定温度を2℃下がる⇒約2,250円節約(1年間)
使用時間を1時間短くする⇒約620円節約(1年間)

トイレ便座設定の裏技

便座設定温度を中~弱に変更⇒約790円節約(1年間)

お風呂のシャワー使用時の裏技

シャワー使用を1分短くする⇒約3,420円節約(1年間)

シャワーを16分流しっ放しにすると。浴槽1杯分になるのです。

食器洗乾燥機使用時の裏技

食器洗乾燥機を使うと⇒約5,930円節約(1年間)

食器洗乾燥機を使うと、手洗いよりも水の使用量が減るからということでした。

厚着や熱を逃がさない工夫も大事

冬の光熱費節約術 電気代灯油代

他にも厚着や熱を逃がさない工夫も紹介してました。

あなたも1度は、目や耳にしたことがあると思います。

後は、行動に移すだけなので、冬の光熱費節約をポイントをおさえて賢く実行することが大事ですよね。

そして、新電力会社への切り替えを行うと、かなり冬の光熱費=電気代節約になると思います。

蛍光灯照明器具からLED照明器具への変更は電気代が半分に!

電気代は、長い時間使えば使うほど高くなっていきます。

長い時間使うと言えば「照明器具」

家庭における電力使用量が多い器具として、必ず上位に入ってくるのが照明ですよね。

古いデータですが、2009年に経済産業省が発表しているデータでは、冷蔵庫、照明、テレビ、エアコンで家庭の電気代のうち約4割を占めているということです。

照明器具でも特に電気代がかかるのは、リビング・ダイニング・キッチンという長時間使用する場所の照明。

ですので、LDKの照明器具が蛍光灯の場合は、LEDの照明器具に取り替えれば、約4~5割電気代が安くなります。

ただし、LED照明器具を購入する初期費用を考えると・・4年~6年は元を取れないというデータも。

そのあたり、LED照明器具購入のタイミングも大事かなと思います。

詳しくはLED照明術で電気代節約!記事にまとめています。是非、お読みになってください。

【まとめ】北海道電力の値上げの可能性もあり!?電気代節約は急務かも

北海道 新電力 シェア ランキング1位

北海道は10月下旬から4月上旬までは、暖房が必要です。

暖房設備は、ストーブ、ファンヒーター、パネルヒーター、エアコンなどなどでしょう。

いずれも電気が必要になり、長い時間点けっぱなしということになります。

長い時間電源が入っている=電気代がかかっている

ということなので、冬の電気代が夏よりも高くなるのです。

エアコン設置も北海道の家庭では、普及率が25.7%(2014年全国消費実態調査|総務省統計局)ですから、夏のエアコン利用は少ないですしね。

灯油代、電気代の節約技を意識しながら、冬の光熱費を賢く抑えていきましょう!

特に、電気代は北海道電力の経営状況の回復材料が現状では見えてこない状況なので、3度目の値上がりの可能性も十分にあり得ます。

2018年1月29日北海道新聞朝刊1面に「新電力シェア 道内が首位」とありました。

北海道電力の電気料金高止まりを背景に、競争が激しい首都圏や関西圏を上回るペースで新電力が顧客を増やしている。

安さが売りの新電力は電気を多く使う企業向けを軸に契約を伸ばすが、一方で価格競争の激化に伴い、一部で経営悪化のリスクも指摘されている。

北海道電力の値下げは、泊原発再稼働が実現されなければないでしょう。

しかし、未だ見通しはたってません。

それでも、新電力会社の経営悪化を心配して高い電気代を払い続けますか?

北海道電力と契約しているなら、電気代を安くする”技”として新電力会社に切り替える方法が賢い選択だと私は思います!

我が家のように冬の電気代が余裕で1万円超えしているなら、1年間で約16,000円~18,000円位安くなる可能性がありますよ。

あなたも1度シミュレーションしてみてはいかがでしょうか!?

<検針票があれば1分で終了!>
Sponsored Link

【2018年1月25日追記】北海道札幌市4人家族の1年で一番高い冬の電気代・灯油代内訳

1年で一番高い冬の光熱費、我が家の2018年1月分の電気代・灯油代の内訳です。

2018年1月分
電気代 14,238円
電気使用量 484kwh
灯油代 13,658円
灯油使用量 173L
灯油単価 73円
合計 27,896円

電気代は、もちろんLooopでんきに切替えしてます。

さらに、私が個人事業主になり、在宅ワークを始めてからの電気代・灯油代4年分データを一覧表にして記事にしています。

灯油単価が、冬の光熱費の命運を握っているということがわかりますよ。