【8月】燃料費調整単価上限有無一覧

Looopでんきデメリットは電気代の値上げ!北海道電力より高い⇒3人家族以下

Looopでんき 北海道 デメリット 値上げ 2022年6月1日から

北海道札幌市在住で2017年9月からLooopでんきと契約。

約4年経過後も、全くデメリットを感じず、

しゅふでん

電気代が安くなるメリットをいち早く獲得したもの勝ち!と思ってました

しかし・・

2022年5月1日時点、LNG天然ガスなど燃料価格高騰による影響で、Looopでんきは2022年6月1日~従量料金単価の値上げ・・
【重要】「Looopでんき」料金改定(値上げ)のお知らせ|お知らせ|Looopでんき公式サイト

電気代が安いという最大のメリットがなくなり、電気代が安くないという最大のデメリットに!

しゅふでん

30アンペア契約で1ヶ月平均280kw/hの電気使用量だと、北海道電力従量電灯Bよりも電気代が高くなります。

2022年6月1日時点で、もう1度、Looopでんき おうちプランのデメリットをまとめます。

注意
【新規申込一時停止】Looopでんき 2022年4月1日AM9時~
「Looopでんき新規お申し込み受付一時停止のお知らせ(5月30日続報)」|Looopでんき公式サイト
新規申込再開予定:未定

【値上げ】Looopでんき おうちプラン 電気代高くなる!2022年6月1日~

Looopでんき おうちプランは、2022年6月1日からどのくらい電気代が値上りするのか?
北海道エリア分

世帯
契約アンペア
1ヶ月アップ額 1年アップ額
1人-2人暮らし
30A180Kwh
477円 5,726円
2人-3人家族
30A280Kwh
892円 10,702円
3人-4人家族
40A355Kwh
938円 11,254円
4人-5人家族
50A400Kwh
1,042円 12,502円
注意
  • Looopでんきおうちプランの値上げ前後の1年間電気代比較
  • 2022年1月~6月分より1年分を予測し、燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金も含んでの計算

【比較|値上げ後】Looopでんき おうちプラン vs 北海道電力従量電灯B

北海道エリア分

世帯
(参考条件)
北海道電力
従量電灯B
Looopでんき
おうちプラン
単身
(20A・180kwh/月)
78,264円 83,084円
(4,820円高い)
1人-2人暮らし
(30A・180kwh/月)
82,732円 83,478円
(746円高い)
2人-3人家族
(30A・280kwh/月)
124,540円 126,900円
(2,360円高い)
3人-4人家族
(40A・350kwh/月)
167,878円 164,110円
(3,768円安い)
4人-5人家族
(50A・450kwh/月)
191,178円 182,328円
(8,850円安い)
注意
  • 北海道電力従量電灯Bとの1年間電気代比較
  • 2022年1月~6月分より1年分を予測し、燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金も含んでの計算

2022年6月1日~Looopでんきおうちプランは、30アンペア契約以下で、北海道電力従量電灯Bより高くなってしまいます・・

2022年5月13日時点、Looopでんきおうちプランと契約されている場合、確認したうえで今後、どうするかご決断ください。

しゅふでん

Looopでんきおうちプランは、電気代が安くないことが、最大のデメリットとなってしまいました。

【いきなり電気代高騰する?】Looopでんきは単価固定プランなので電気料金高騰しません!

しゅふでん

Looopでんきは市場連動型ではなく単価固定プラン!

万一の市場高騰時でも、お客様の負担に転嫁しない単価固定プランを提供させていただいておりますので、安心して電気をお使いいただけます。

Looopでんきは市場連動型ではなく単価固定プラン!安定提供に今後も自信あり!
Looopでんきは2022年冬~市場連動型に変更予定! Looopでんきは2022年冬~市場連動型に変更予定!

高騰しない理由

  • 電気料金単価が市場と連動しない単価固定プラン
  • なので、電気料金の単価は変わらない!
  • 電力調達は、従前より市場価格高騰リスクを鑑み、JEPXのみに限らず、様々な調達手段を組み合わせている
  • 今後も電力の安定的な提供を行うことに自信を持っている!
参考 日本卸電力取引所(JEPX)電力取引価格高騰及び、当社の対応に関する重要なお知らせ|お知らせ|Looopでんき(個人のお客さま向け)

しゅふでん

私は安心しています!

しかし・・2022年6月1日から従量料金単価の値上げされることに・・

【値下がり!?】2022年1月時点 1年前より電気代が安くなる再エネどんどん割プラン

電気代高騰ではなく、電気代が1年前より下がっているプランが、Looopでんき再エネどんどん割プラン

特長
  • 1年毎に電力量料金が、0.5円/kwh下がる
  • 燃料費調整額 ⇒ ずっと0円
  • 基本料金⇒ ずっと0円
再エネどんどん割 2022年 電気代下がる Looopでんき北海道 2022年電気料金値上げに対し再エネどんどん割は燃料費調整額0円で値下がり! 昨今、燃料費調整額が高騰して軒並み電気代が上がっています。

そんな中、電気代が1年前より電気代が下がっているのが、Looopでんき再エネどんどん割プラン

2022年のおすすめです!
ループ電気 再エネどんどん割 評判 キャンペーン 再エネどんどん割(Looopでんき)2022年北海道唯一の電気代が下がるプラン

注意
【新規申込一時停止】Looopでんき 2022年4月1日AM9時~
「Looopでんき新規お申し込み受付一時停止のお知らせ(5月30日続報)」|Looopでんき公式サイト
新規申込再開予定:未定

【電気の安定供給の不安】Looopでんきに切り替えても今までと電気の質は絶対に変わらない!北海道エリア

Looop(ループ)でんきのデメリットというか、電力自由化での電力会社切り替えの最大の不安は、電気の安定供給ではないでしょうか?

まずは、私も不安だったこの最大の不安を解消していきます。

ポイント
新電力会社「Looopでんき」に切り替えても、今までと同じく電気の質は変わりません!

どの小売事業者から電気を買っても、これまでと同じ送配電ネットワークを使って電気は届けられるので、電気の品質や信頼性(停電の可能性など)は変わりません。

なお、電気の特性上、電気の需要(消費)と供給(発電)は、送配電ネットワーク全体で一致させないと、ネットワーク全体の電力供給が不安定になってしまいます。

そのため、もし小売部門の事業者が、契約している消費者が必要とするだけの電力を調達できなかった場合には、送配電部門の事業者がそれを補い、消費者にきちんと電力が届くように調整します。

資源エネルギー庁が明示しているとおり、たとえ新電力会社が倒産しても送配電部門の事業者、つまり地域の大手電力会社(北海道なら北海道電力)が、きちんと電力を届けるようにしてくれるのです。

送電線から一般家庭までの設備は、Looopでんきと契約しても今まで同様に北海道電力が担当し同じ設備を使います。

電気の小売業者(販売部門)だけ、Looopでんきが担当するという仕組みです。

  • 電気の質は変わらない
  • 頻繁に停電することもない
  • 倒産しても北海道電力との契約に戻るだけ

しゅふでん

私は安心しています!

【倒産・撤退が不安】Looopでんきは基本料金0円で安すぎるのがデメリット!?経営が心配

looopでんき デメリット 倒産 撤退

2022年格安電力会社の事業撤退が増加。

「基本料金を0円」にしてますが、それで経営的に成り立つのか?

新電力ベンチャー企業なので、最大のデメリット、倒産・撤退の恐れは?

これらの親会社がある新電力会社だと、倒産というイメージがなく安心感があります。

しゅふでん

Looopでんきは、大丈夫?

2022年5月1日時点、LNG天然ガスなど燃料価格高騰による影響で新電力会社の経営状況が不安定に・・

家庭用低圧電力の契約件数も30万件突破しているLooopでんきでさえも、新規申込受付を一時休止し、従量料金単価の値上げをする事態。

北陸電力や中部電力から出資を受けていても、経営は不安定。

Looopの「再エネ電力宣言」を2022年4月28日発表。

現在日本の電源構成のうち、再エネが占める割合はわずか10%程度です。

ここから当社の技術を駆使して再エネが主力電源となることを目指し、日本のどんな場所でも再エネで供給できるような未来をLooopがまず切り開いていくことを決意し、ここに再エネ電力宣言を記します

再エネによる日本のエネルギー自給率の引き上げに貢献すると宣言したLooopでんき。

期待しましょう。

ちなみに、事業撤退・倒産しても、すぐには停電になりません。

我々消費者は、猶予期間に他の電力会社と契約すれば良いだけ。

契約手続きの作業は発生しますが、期限内に他社と契約すればリスクはありません。

【オール電化プラン】Looopでんき唯一のデメリット!?スマートタイムプランも北海道は要検討の必要あり

ループ電気 弱点 オール電化住宅 20A 一人暮らし

Looopでんきの弱点になる環境を明確にしておきますね。

Looopでんき弱点
  1. オール電化住宅

オール電化住宅という弱点は、Looopでんきに限らず新電力会社全体に言えることです。

電気代が逆に高くなってしまいます。

ただ、2020年10月27日にLooopでんきからオール電化住宅向け「スマートタイムプラン」が新登場!

基本料金0円で時間帯と季節によって電気代を安く抑えるプラン。

それでも、北海道電力のオール電化住宅プランと比較すると、高くなってしまいます。

もし、あなたがオール電化住宅なら現時点では諦めてください。

北海道エリア以外のオール電化住宅プランでは、安くなる場合もありますので、シミュレーションしてみましょう。

<個人情報入力不要・1分で終了!>

我が家は1年18,000円節約に!

【アンペア変更】Looopでんき契約後はブレーカー撤去の対応に

ループ電気 デメリット アンペア変更

現在、30Aや40Aの場合、サービスブレーカーの撤去を行うことで、60Aまで使用可能になります。

ブレーカー撤去してしまえば良いのですが、北海道電力に契約を戻した時に再度工事が必要になる手間が発生することは理解しときましょう。

Looopでんきアンペア数アップの変更可能も切り替え前がベスト!記事に、もう少し詳しくまとめています。参考にしてください。
looopでんき アンペア変更 Looopでんきアンペア数アップの変更は切り替え前がベスト!

【支払い方法】Looopでんきはクレジットカード決済のみ!還元ポイントあるからデメリットにならず

ループ電気 デメリット クレジットカード払いのみ

Looopでんきの電気代支払い方法は、クレジットカード決済のみ。

クレジットカードを持ってなく、これから作るの面倒だし、支払い方法が一つというのはデメリットなのでは?

私は、クレジットカードで支払うことにより、ポイントが還元されて節約になるので、メリットと思っています。

逆に、これからクレジットカードを作るならラッキー!

たとえば、楽天市場でよくお買い物をするなら「楽天カード 」をつくるとお得です。

光熱費や保険代などの固定費を現金で支払っている場合も、楽天カード で、クレジットカード払いにするだけで支払の1%分が楽天ポイントで還元されて節約になりますよ!

当然、年会費永年無料!!

新規入会だと、5,000円相当のポイントプレゼントがありますのでお得。

おおよそ1ヵ月に1回は、7,000円相当プレゼントの時もありますし、1年に5回程度8,000円相当プレゼントの時もあります。

\年会費永年無料/

楽天ポイントがザクザク貯まります!

【紙の明細なし】LooopでんきはWEB明細のみがデメリット!?むしろWEBがありがたい

looopでんき デメリット 明細

Looopでんきの電気料金明細は、WEB閲覧のみ。

郵送での送付は受け付けておりません。

これも電気代を安くするための方針ですね。

電気料金を確認するには、メールで電気代のお知らせが届きます。

そして、Looopでんきのマイページで確認するという方法。

しゅふでん

私は、ペーパーの保存に困らなくて良いので、ストレスフリー!

絶対に郵送でなきゃダメ!という方は、他の新電力会社にしましょう。

【ポイント制度がない】Looopでんきは還元ポイントなくても安いのでデメリットにならず!

Looopでんきは、セット割引やポイント制度はありません。

しかし、私はデメリットだと思いません。

北海道エリアで契約できる新電力会社を調べましたが、セット割引がある会社でも電気代がLooopでんきに敵いません。

特に北海道で契約数を伸ばして、18万件獲得した北ガスの電気と比較しても1.2万円の差がつきます。

Looopでんきは、北ガスの電気よりも1年間で1.2万円も安い!(我が家の場合)
北ガスの電気 最大のデメリット シミュレーションでわかる電気代節約額 北ガスの電気最大のデメリットは電気代がそれほど安くないこと!

auでんきでも同様に、Looopでんきの方が1年間で1.2万円も安いです(我が家の場合)

しかも、auでんきは1年以内に解約した場合に解約違約金2,000円かかります。
auでんき 北海道エリア auでんき|北海道エリア評判・デメリット・乗り換え電気代比較

セット割引やポイント制度がある会社は、電気料金を安くできない分、あの手この手でサービスしているのです。
電気セット割 UQモバイル自宅セット割 auでんき 一人暮らしおすすめ auでんき一人暮らしならpovoよりUQモバイル自宅セット割が一番安い!

我が家の場合を基準にしてますので、我が家よりも電気使用量がかなり少ない場合は変わってくることが予想できます。

そのために、しっかり電気代シミュレーションすることがポイントですよ。

<個人情報入力不要・1分で終了!>

我が家は1年18,000円節約に!

Looopでんき北海道エリア2022年6月からは値上げが最大のデメリット

2022年5月1日時点、LNG天然ガスなど燃料価格高騰による影響で、Looopでんきは2022年6月1日~従量料金単価の値上げ・・

電気代が安いという最大のメリットがなくなり、電気代が安くないという最大のデメリットに!

しゅふでん

30アンペア契約で1ヶ月平均280kw/hの電気使用量だと、北海道電力従量電灯Bよりも電気代が高くなります。

30アンペア契約以下の場合は、電力会社切り替えを検討しましょう。

2021年10月まで契約していた我が家はデメリットなしでした

不安・疑問点
  • ベンチャー企業なのですぐに倒産・撤退するのでは?
  • オール電化住宅では電気代安くならない可能性あり
  • 契約後にアンペア変更できない?
  • 支払いがクレジットカード決済のみ
  • WEB明細のみの対応
  • セット割引・ポイント制度がない

北海道電力と契約している時とちょっと変わるのは、支払い方法と明細受け取り方法の違いくらい。

高い電気代を払い続けるよりも、早めに切り替えて安い電気代を払った方がお得!と判断。

しゅふでん

早く変更すればするほどお得になりますからね。

【我が家の節約額実績】北海道エリアのLooopでんき切り替え3年経過後

2017年9月14日から契約・切替して、約3年経過後の電気代節約額が判明しました。

節約額は約45,000円。1年にすると約15,000円。

5年目には約75,000円お得!!

それなのに、パソコンから申し込むだけで面倒なこと一切なし!

行動しないことが最大の損失に!

何もしないと、毎月1,500円損していることになってます。

ただ、気になるというか残念な点は、契約者が見られるマイページの電力使用量グラフが前日や当日分を確認できない点・・

すぐに見れたら嬉しいな~

私の体験談レポート「【体験談】北海道電力から電力切り替え4年で約9万円分節約できた!」記事も是非、合わせてお読みになってください。
しゅふでん 北海道札幌電気代節約ガイド 電気代1番安い電力会社会社 【体験談】電力会社乗り換え何回もできる!私は4年半5回で約11万円分節約成功♪

北海道電力からLooopでんきへ電気切り替えのやり方・流れについての記事もどうぞ

Looopでんき 電力自由化 電気切り替え流れ

Looopでんきへの切り替えのやり方・流れは、簡単・停電なし・工事立会い不要でストレスフリーなんです!
looopでんき 電気切り替え方法 北海道電力からLooopでんきへ電力切り替えのやり方・流れ|簡単・停電なし・工事立会い不要!