Looopでんきデメリット6点は致命的弱点にならず!行動しないことが最大の損失

looopでんき デメリット

電気代比較シミュレーションをするとLooopでんきの電気代が安い!

切り替えの検討をしているけど、きっとデメリットあるよね?

あなたは、こんなことを思って検索しませんでしたか?

その不安は、この記事にまとめた私の電気切り替え経験からわかったことを読めば解決できる!はず・・

こんにちは、2017年9月14日から新電力会社「Looop(ループ)でんき」と契約してお得を満喫している札幌在住のキッチリパパです。

電力会社切り替えをする最大の理由は、電気代を安くすること。Looopでんきは、その条件を十二分に満たしています。

電力自由化 Looopでんき メリットLooopでんき最大のメリットは”超”評判がいい基本料金なしの格安電気プラン!

不安なのは、

  • 北海道電力じゃなくても大丈夫?
  • 電気の安定供給される?
  • 手続きが面倒では?
  • 現状と電気代以外に変わる事がわからない?
  • アンペア変更はできるの?
などなどのこと。

私、ループ電気と契約してから11ヵ月経過しましたが、デメリット・不便を感じたことはありません。

倒産・撤退・電気の安定供給という私の最大の不安に対しても、絶対に電気が使えなくなることはないという事が調べてわかりました。

なぜなら、送電線から一般家庭までの設備は、新電力と契約しても今まで同様に北海道電力が担当し同じ設備を使います。

電気の小売業者(販売部門)だけが変更になるという仕組みだからなのです。

実際に、北海道胆振東部地震での北海道大停電で、復旧についてほくでん契約者と変わらないことも体験しました。

この記事では、新電力会社「Looop(ループ)でんき」へ切り替えた時に感じるであろうデメリット6つをまとめていきます。

こだわりポイント
  • 電力会社の切り替えによる電気の安定供給の不安はないことがわかる!
  • 6つのデメリットに対する不安をしっかり解消できる!
  • いち早く安い電気代にして「節約=お得」の目的実行の背中を押します!

Looopでんきに切り替えた我が家は、1年経過後の電気代節約額が18,278円!

少しの不安だけで、行動しないことが最大の損失ではないでしょうか。

電力会社変更 電気代節約 お小遣いアップ 【体験談】Looopでんきはどの位安くなる?北海道電力から切替1年実際の電気代比較

電気の安定供給|北海道電力からLooop(ループ)でんきに切り替える最大の不安

Looop(ループ)でんきのデメリットというか、電力自由化での電力会社切り替えの最大の不安は、電気の安定供給ではないでしょうか?

まずは、私も不安だったこの最大の不安を解消していきますね。

新電力会社「Looopでんき」に切り替えても、今までと同じく電気の質は変わりません!

どの小売事業者から電気を買っても、これまでと同じ送配電ネットワークを使って電気は届けられるので、電気の品質や信頼性(停電の可能性など)は変わりません。

なお、電気の特性上、電気の需要(消費)と供給(発電)は、送配電ネットワーク全体で一致させないと、ネットワーク全体の電力供給が不安定になってしまいます。

そのため、もし小売部門の事業者が、契約している消費者が必要とするだけの電力を調達できなかった場合には、送配電部門の事業者がそれを補い、消費者にきちんと電力が届くように調整します。

資源エネルギー庁が明示しているとおり、たとえ新電力会社が倒産しても送配電部門の事業者、つまり地域の大手電力会社(北海道なら北海道電力)が、きちんと電力を届けるようにしてくれるのです。

送電線から一般家庭までの設備は、Looopでんきと契約しても今まで同様に北海道電力が担当し同じ設備を使います。

電気の小売業者(販売部門)だけ、Looopでんきが担当するという仕組みです。

  • 電気の質は変わらない
  • 頻繁に停電することもない
  • 倒産しても北海道電力との契約に戻るだけ
ということだから、安心なのです!

では、電気の安定供給がなされる上でのLooopでんきのデメリットを6つ挙げていきます。

Looop(ループ)でんきデメリット1|基本料0円で安すぎるから倒産・撤退が不安

looopでんき デメリット 倒産 撤退

Looop(ループ)でんきのダントツの安さは、北海道電力と電気代を比較してわかりました。

でも、私はダントツの安さが逆に不安になることがデメリットかもと思いました。

どうして、そんなに安くできるのか?

電気代 基本料金無料 Looopでんき 北海道電力との違い Looopでんきはなぜ電気代が安い?基本料金無料で電気料金一律が北電との差別化に!

「基本料金を0円」にしているということだと思うのですが、それで経営的に成り立つのか?

この点が、唯一のデメリットと私は思います。

すなわち、倒産・早期撤退の恐れがあるということでしょう。

などの新電力会社だと、倒産というイメージがなく安心感があるかもしれませんが、さすがにLooop(ループ)でんきは大丈夫か?となりますよね。

正直、こればっかりは素人の私ではわかりません・・

なので、調べて調べて自分なりの答えを見つけるしかありませんので調べました。

  • 2011年設立から毎年度売上高を拡大している
  • 太陽光発電にいち早く注目し、マーケット拡大とともに独創的な事業を展開している
  • 再生エネルギー会社のトップランナー的存在!
  • 事業用の高圧電力の販売量も多く実績がある
  • Looopでんきの発電所と提携発電所を合わせると全部で約1500ヵ所の太陽光発電所を所有
  • ソーラーパネル・太陽光パネル、独立型太陽光発電システム販売サイト「Looop shop 楽天市場店」も運営
  • 家庭用低圧電力の契約件数も右肩上がり!
  • アイディアと実践力で2016年度の売上高が一気に231億まで上昇
  • 2017年度の目標は400億円超。今後も成長は見込める

まあ、良い所に注目して探せばいろいろありますよね。それは他の新電力会社も同じです。

でも実際のところ、他社と比べてどうなの?

ということで、実際の家庭用総販売電力量(低圧)を調べました。

Looop(ループ)でんきの総販売電力量(低圧)シェアランキングは?

北海道エリアに供給している新電力会社の電力販売量シェアを調べてみました。

2018年1月時点での新電力会社総販売電力量(低圧)シェアランキングを見てみます(北海道エリア供給会社のみ)

順位事業者名新電力会社名電力販売量(千kWh)
1KDDI(株)auでんき400,074
2SBパワー(株)ソフトバンクでんき84,166
3(株)ハルエネハルエネでんき65,695
4(株)LooopLooopでんき41,069
5北海道瓦斯(株)北ガスの電気28,374

実は、Looop(ループ)でんきの総販売電力量(低圧)は、4位とシェアは高いのです(北海道エリア供給会社のみ)

ちなみに全国エリア総合だと12位です。

知名度のある大手石油会社・ガス会社・通信会社が多い中で健闘しているのではないでしょうか。

新電力会社 シェアランキング 北海道 北海道新電力会社シェアランキング!電気会社の選び方で重要な販売電力量が一目瞭然

Looopでんきが2018年4月家庭用低圧電力の申込みが10万件を突破し評判・人気アップ!

Looopでんきは、2018年4月に家庭用低圧電力の申込みが10万件を突破したと発表しています。

これは、新電力ベンチャー企業のLooopでんきが間違いなく消費者・業界から評価されている証拠です。

Looopでんきの評判・人気度もLooopの売上とともに上昇中!

まあ、今後どうなるかは未知数ですが・・

ただ、倒産・撤退しても電気が急に使えなくなるということはありません。

Looopでんきが倒産・撤退した場合は、北海道だと北海道電力との契約に一時的に戻ることになるだけです。

この期間は「経過措置プラン」で電気代が計算されます。

「経過措置プラン」期間中に、また自分に合った電力会社と契約すればいいのです。

電気が使えなくなるということは絶対にない!ということですね。

<個人情報入力不要・1分で終了!>

Looop(ループ)でんきデメリット2|弱点になる環境・条件はオール電化住宅と20アンペア契約の一人暮らし

ループ電気 弱点 オール電化住宅 20A 一人暮らし

Looopでんきの弱点になる環境・条件2つを明確にしておきますね。

Looopでんき弱点
  1. オール電化住宅
  2. 20アンペア契約の一人暮らし

オール電化住宅という弱点は、Looopでんきに限らず新電力会社全体に言えることです。

電気代が逆に高くなってしまいます。もし、あなたがオール電化住宅なら現時点では諦めてくださいね。

20アンペア契約の一人暮らしでは、電力使用量が少ない事と基本料金20アンペアの料金が安いということが理由です。

しっかりシミュレーションしないと、電気代が安くならない可能性があります。

Looopでんきのこの弱点については、もっと詳しく記事を分けて書きましたので是非お読みください。

新電力会社 looopでんき 弱点 電力自由化Looopでんきはオール電化住宅と一人暮らし20A契約以下のみ安くならない!

Looop(ループ)でんきデメリット3|契約後にアンペア変更できない?

ループ電気 デメリット アンペア変更

Looop(ループ)でんきのホームページの「よくあるご質問」で、

切り替えの際にアンペア数を増やせますか?

お受けできかねます。お申込み前に一般送配電事業者にご連絡ください。

「Looop(ループ)でんき」切り替え後はアンペアブレーカー契約ではなく、実量制を採用しておりますのでアンペアブレーカー撤去の工事が発生します。

ただ、一般送配電事業者の対応方法*や、お客様宅内の配線状況によって、アンペアブレーカーの撤去がなされていない場合もあるようですので、状況をご確認されたい場合には、お電話でお問い合わせください。

*各一般送配電事業者によって異なります

とありましたので、一見、契約後にアンペア変更できないのかと思ってしまいます。

しかし、実際にはLooop(ループ)でんきと契約後でもアンペア変更できるのです。

現在、30Aや40Aの場合、サービスブレーカーの撤去を行うことで、60Aまで使用可能になるのです。

サービスブレーカーの撤去は、Looopでんきに電話連絡して依頼すると、Looopでんきが管轄の一般電力事業者へ依頼してくれます。

このあたりの詳細は、実際にLooop(ループ)でんきに問い合わせたトントンさんのブログ「トントン拍子」に書かれてます。

参考 【電気代節約】基本料金無料のLooop(ループ)でんきのおうちプランに変えて半年経つので、どれくらい安くなったのか振り返ってみる

ですので、アンペア変更がデメリットにはなりませんね。

むしろ、アンペア契約を上げても基本料金が0円なので、電気代が安くなってメリットに!

ちなみに、我が家はもともと50A契約でしたのでサービスブレーカーの撤去も行わずそのままです。

Looop(ループ)でんきデメリット4|支払いがクレジットカード決済のみ

ループ電気 デメリット クレジットカード払いのみ

Looop(ループ)でんきの電気代支払い方法は、クレジットカード決済のみです。

もしかしたら、クレジットカードを持ってなくこれからつくらなきゃならないから、面倒だし、支払い方法が一つというのはデメリットと思う方もいるかもしれません。

ちなみに私は、クレジットカードで支払うことによりポイント還元されて節約になるので、メリットと思っています。

参考 生活費を見直したい!楽天カード払いと電気代基本料金無料の節約で1年5万もお得にダブルしゅふブログ

逆に、これからクレジットカードを作るならラッキー!なのではないでしょうか?

たとえば、楽天市場でよくお買い物をするなら「楽天カード」をつくると良いと思います。

光熱費や保険代、税金などの固定費を現金で支払っている場合も、楽天カードでクレジットカード払いにするだけで支払の1%分が楽天ポイントで還元されて節約になりますよ!

しかも、当然年会費永年無料!!

さらに、5,000円相当のポイントプレゼントがありますのでお得です。

おおよそ1ヵ月に1回は、7,000円相当プレゼントの時もありますし、1年に5回程度8,000円相当プレゼントの時もあります。

\年会費永年無料/

楽天ポイントがザクザク貯まります!

Looop(ループ)でんきデメリット5|WEB明細のみの対応

looopでんき デメリット 明細

Looopでんきの電気料金明細は、WEB閲覧のみです。

郵送での送付は受け付けておりません。

これも電気代を安くするための方針ですね。

電気料金を確認するには、メールで電気代のお知らせが届きます。

そして、Looopでんきのマイページにて確認するという方法です。

絶対に郵送でなきゃダメ!という方は、他の新電力会社にしましょう。

ただ、電気料金明細のために節約額メリットを諦めるのもどうなのでしょう・・

Looop(ループ)でんきデメリット5|セット割引・ポイント制度がない

Looopでんきは、セット割引やポイント制度はありません。

しかし、私はデメリットだと思いません。

北海道エリアで契約できる新電力会社を調べましたが、セット割引がある会社でも電気代がLooopでんきに敵わないからです。

特に北海道で契約数を伸ばして10万件獲得した北ガスの電気と比較しても1.2万円の差がつくのです。

Looopでんきは、北ガスの電気よりも1年間で1.2万円も安いのです!(我が家の場合)

北ガスの電気 最大のデメリット シミュレーションでわかる電気代節約額 北ガスの電気最大のデメリットは「電気料金が高い」セット割でもLooopでんきより損です!

auでんきでも同様に、Looopでんきの方が1年間で1.2万円も安いです(我が家の場合)

しかも、auでんきは1年以内に解約した場合に解約違約金2,000円かかります。

auでんき 北海道エリア auでんき【北海道エリア】|電力自由化おすすめ新電力会社切り替えガイド

今のところ、セット割引やポイント制度がある会社よりも電気代節約額がスゴイのがLooopでんきということです。

電気 ガス セット割 電力自由化 Looopでんき 電気・ガス・携帯・ネット「セット割」は本当にお得?一番安い電気会社の選び方はこの方法!

我が家の場合を基準にしてますので、我が家よりも電気使用量がかなり少ない場合は変わってくることが予想できます。

そのために、しっかり電気代シミュレーションすることがポイントですよ。

<個人情報入力不要・1分で終了!>

【まとめ】小さなデメリット・不安を解消し行動したら1年で約2万円も得しました!

Looopでんきのデメリット6つの不安解消ポイントを書いてきました。

デメリット・不安点
  1. ベンチャー企業なのですぐに倒産・撤退するのでは?
  2. オール電化住宅・20アンペア契約一人暮らしでは電気代安くならない可能性あり
  3. 契約後にアンペア変更できない?
  4. 支払いがクレジットカード決済のみ
  5. WEB明細のみの対応
  6. セット割引・ポイント制度がない

北海道電力と契約している時とちょっと変わるのは、支払い方法と明細受け取り方法の違いくらい。

私は、これらのデメリットに対し、しっかり調べて情報を得てクリアにすることにより、

高い電気代を払い続けるよりも、早めに切り替えて安い電気代を払った方がお得!と判断しました。

早く変更すればするほどお得になりますからね。

Looopでんきのデメリットの不安を解消できたら、メリットも気になりませんか?

電力自由化 Looopでんき メリット Looopでんき最大のメリットは”超”評判がいい基本料金なしの格安電気プラン!

【実績】我が家のLooopでんき切り替え1年経過後の電気代節約額

2017年9月14日から契約・切替して、1年経過後の電気代節約額が判明しました。

新電力 切り替え Looopでんき 1年後 18,000円 電気代節約

利用月 使用量kwh 北海道電力
従量電灯B
Looopでんき 節約額
2017年10月 344 11,527円 10,113円 1,414円
2017年11月 354 11,818円 10,361円 1,457円
2017年12月 378 12,610円 11,048円 1,562円
2018年1月 484 16,264円 14,238円 2,026円
2018年2月 404 13,670円 11,994円 1,676円
2018年3月 384 13,115円 11,526円 1,589円
2018年4月 379 13,015円 11,449円 1,566円
2018年5月 388 13,501円 11,895円 1,606円
2018年6月 303 10,529円 9,295円 1,234円
2018年7月 328 11,396円 10,053円 1,343円
2018年8月 360 12,542円 11,059円 1,483円
2018年9月 323 11,324円 10,002円 1,322円
TOTAL 4,429 151,311円 133,033円 18,278円
MEMO

上記電気代は、再生可能エネルギー発電促進賦課金、燃料費調整額を含んだ金額です。

ちなみに、再生可能エネルギー発電促進賦課金は全国一律、燃料費調整額はLooopでんきと北海道電力では同額です。きちんとした公平な比較となりますよ。

節約額は18,278円。1ヵ月にすると1,523円。

シミュレーション以上の結果になりました!

5年目には約90,000円お得!!

それなのに、パソコンから申し込むだけで面倒なこと一切なし!

行動しないことが最大の損失に!電力会社をいつ変更します?

今でしょ!!(古い!?)

ただ、気になるというか残念な点は、契約者が見られるマイページの電力使用量グラフが前日や当日分を確認できない点・・

すぐに見れたら嬉しいな~

北海道電力からLooopでんきへ電気切り替えのやり方・流れについての記事もどうぞ

Looopでんき 電力自由化 電気切り替え流れ

Looopでんきへの切り替えのやり方・流れは、簡単・停電なし・工事立会い不要でストレスフリーなんです!

looopでんき 電気切り替え方法 Looopでんきへ電気切り替えのやり方・流れ|簡単・停電なし・工事立会い不要でストレスフリー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です