酸素系漂白剤ランキング コストパフォーマンス

「酸素系漂白剤とオキシクリーンは違うの?」
「オキシクリーンの代用品はあるの?」

今や大人気のオキシクリーンは、ドラッグストアなどでよく置いてある

「ワイドハイターEXパワー粉末タイプ」
「シャボン玉酸素系漂白剤」

などとは違うの?違うのだったらいったい何が違うの?

こんな疑問をオキシ漬け歴5年の主夫が、解決できるようにまとめます。

こんにちは、オキシ本「お家がキラキラ輝く魔法のオキシクリーン」の人気ブロガー枠で4ページも紹介されて大喜びの札幌在住趣味「洗濯・オキシ家事」のケンさく(@kensaku358)です。


主成分が「過炭酸ナトリウム」なら粉末タイプの酸素系漂白剤です!

だから、オキシクリーンもワイドハイターEXパワー粉末タイプもシャボン玉酸素系漂白剤も全部同じ「酸素系漂白剤」なのです。

各メーカーさんが「過炭酸ナトリウム」を主成分にして、界面活性剤などの洗浄成分や香料などを入れたりして商品化しているので、酸素系漂白剤の種類が豊富になっているのです。

そこで、今回は粉末タイプ酸素系漂白剤11種類の「コストパフォーマンス、成分、使いやすさ」を比較して、おすすめはどの酸素系漂白剤なのかを札幌主夫目線でまとめます。

私の場合はコストコ会員なので、コストコオキシクリーンのコストコ購入がコスパに優れた買い方でお得ということになりますよ。

素人の酸素系漂白剤マニアの一意見ですが、お付き合いください!

※2017年5月29日に公開した記事ですが、リライト記事に必要な文言等を追記、その他の部分も修正して2018年2月27日に再度公開、さらに2018年3月20日にオキシウォッシュ情報を追記して11種類としました。

代表的な酸素系漂白剤成分一覧表

代表的な酸素系漂白剤の成分を一覧表にします。

成分/種類 シャボン玉
酸素系漂白剤
オキシクリーン
日本製
オキシクリーン
アメリカ製
ワイドハイター
EXパワー粉末
オキシウォッシュ
過炭酸ナトリウム
(酸素系)
界面活性剤
アルカリ剤
(炭酸塩)
漂白活性化剤
硫酸化塩
(安定化剤)
酵素
蛍光増白剤
(1%未満)
香料
(1%未満)
着色料
(1%未満)

各メーカーさんの特徴がわかりますよね。

オキシクリーンで言うと、

  • 日本製⇒「過炭酸ナトリウム」の他に炭酸塩配合
  • アメリカ製⇒「過炭酸ナトリウム」の他に炭酸塩、界面活性剤、蛍光増白剤、香料配合

されている酸素系漂白剤となりますね。

もちろん、「過炭酸ナトリウム100%」という酸素系漂白剤もあります。

主成分が同じということは、汚れ落ちなどの効果も基本的には大差ないと思います。

実際に、ダイソーの過炭酸ナトリウム100%でコンバース白スニーカーの洗濯をしても真っ白になりましたよ。

ちょっと、オプション技を使ってますが。


でも、たしかに汚れ落ちなどの効果はほぼ同じなのですが、使い方によってメリット・デメリットなどがあるな~というのが私の使ってみての感想です。

それでは、コスパ比較からどうぞ。

アットコスメ「カラトリ部門 第1位」/
マイナチュレ カラートリートメント

コスパ比較|酸素系漂白剤(粉末)11種類のコストパフォーマンスランキング

酸素系漂白剤 コストパフォーマンスランキング

衣類の洗濯や家中掃除となんでも使えてしまう酸素系漂白剤(粉末)。

だから日々の家事でたくさん使ってしまいます。

ということは、やはりコストパフォーマンスに優れていて買いやすいものがよいですよね。

amazon購入|酸素系漂白剤10種類の価格ランキング!

amazonを中心とした通販で購入した場合のコストパフォーマンスランキングです。

順位 種類 価格 100gあたり
の価格
1位 過炭酸ナトリウム
100%NICHIGA(ニチガ)5kg
1,705円 34円
2位 オキシクリーン
アメリカコストコ版4.98kg
2,580円 52円
3位 シャボン玉
酸素系漂白剤3.75kg
2,150円 57円
4位 ワイドハイター
粉末EXパワー3.5kg
2,154円 62円
5位 オキシクリーン
日本版・1500g
972円 65円
6位 ワイドマジックリン3.5kg 2,739円 78円
7位 オキシクリーンアメリカ
グラフィコ版2.27kg
2,678円 118円
8位 オキシウォッシュ 1kg 1,237円 124円
9位 オキシクリーン・アメリカグラフィコ版
デオドラントパワー1.36kg
2,138円 157円
10位 きれいっ粉5kg 8,445円 169円
11位 サムライ1kg 2,036円 204円
  • ※価格は主にamazon・楽天での税込・送料抜きの価格としています(2018.03.20現在)
  • ※オキシクリーン・アメリカグラフィコ版は、グラフィコ楽天SHOPの税込・送料抜き価格です(2018.03.20現在)

amazonでは、価格が変動するので時期によって微妙に変わりますが、

「過炭酸ナトリウム100%」
「オキシクリーン・アメリカコストコ版」

がコストパフォーマンスに優れていますね。

過炭酸ナトリウム100%は、やはり安いです。負けずにコストコオキシクリーンもやはり安い!

amazonであればコストコ会員でなくても買えますので、魅力的にうつりますね。

あわあわも楽しめる特典もありますし。

【2018年3月20日追記】
ダイソーでも買えるオキシウォッシュも加えて11種類になりました。100均でも買えるので安いのか!?と思いきや、コスパよくなかったです・・

楽天カード新規入会で7000ポイント獲得|2018年6月11日10時まで

楽天カードは、2018年6月11日10時までの申込で最大7,000ポイント獲得の新規入会特典キャンペーン実施中!

通常だと最大5,000ポイント獲得の新規入会特典ですから、2000ポイントお得になります。

楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピングなどネット通販で買い物する場合は、還元率1%以上の高還元クレジットカードを利用するのがポイントですよ!

  • 年会費永年無料
  • 還元率1%以上
  • 入会特典が超お得

楽天カードは、楽天市場で買うと還元率が3%以上になりますし、貯めたポイントをマクドナルドやミスタードーナツでも使えるので持っていて損することはありませんね。

\入会特典詳細はこちら/

コストコ購入|コストコ購入オキシクリーン・アメリカ版の100gあたりの価格

コストコ札幌行った

種類 価格 100gあたり
の価格
オキシクリーン・アメリカ版
コストコ購入4.98kg
2,036円 40円

コストコの価格は、2018年1月末コストコ札幌で確認した金額です。変動あるので参考通常価格です。

やはり、コストコで購入するオキシクリーン・アメリカ版は安い!

我が家族と同じくコストコ会員でコストコを定期的に利用するという環境の場合は、コストコ購入がベストですね。

ただ、コストコが近くにないので気軽に行けな~い!会員費が高い~!という場合もありますよね。

【コストコ以外で売っているオキシクリーンの詳細もまとめてます!】
合わせてどうぞ⇒オキシクリーンは実店舗・通販どこで買える?グラフィコ版ならコストコ以外でも売ってます!

番外編|洗濯槽用や風呂釜用とついている商品は割高!


酸素系漂白剤には、部位専用の商品もあります。

たとえば、

などですね。

ですが、これらの商品はスーパーやドラッグストアで手軽に買えますが割高です。

amazonで購入した場合の100gあたりの金額を計算すると、

種類 価格 100gあたりの価格
洗濯槽カビキラー
酸素系粉末タイプ 250g
428円 171円
風呂釜洗浄剤ジャバ
1つ穴用粉末タイプ 160g
318円 199円

となります。(2018.02.27現在)

しかも、1回で使い切りとなってしまう商品です。

成分をみると、

  • 過炭酸塩(酸化剤)
  • クエン酸ナトリウム(キレート剤)
  • 漂白活性化剤
  • 界面活性剤(アルキル硫酸エステルナトリウム・高級アルコール系(非イオン))

と両方とも成分表記では一緒でした。

この成分だと、ワイドハイター粉末EXパワーと同じ成分表記。

だとすれば、割高と判断できますよね。

洗濯槽専用・風呂釜専用でなくても、過炭酸ナトリウムが主成分の酸素系漂白剤であれば代用できます!

実際にオキシクリーン・アメリカ版で風呂釜洗浄しました。

風呂釜内配管は確認できませんが、キレイになったはずです。

価格まとめ

  • コストコ会員⇒オキシクリーン・アメリカ製コストコ版
  • 通販OKとにかく安く⇒過炭酸ナトリウム100%・オキシクリーン・アメリカ製コストコ版
  • コストコ以外実店舗派⇒オキシクリーン・日本製

すぐ買える買いやすいお店で購入して、すぐに掃除・洗濯を楽しみましょう!

成分比較|酸素系漂白剤(粉末)11種類の成分を特長別にまとめます!

酸素系漂白剤の主成分は、過炭酸ナトリウムです。

しかし、過炭酸ナトリウム100%もあれば、界面活性剤や炭酸塩、酵素、漂白活性剤も配合されているものもあるんです!

その違いは何?

私が酸素系漂白剤を使ってのシミ落としや掃除で

「使いやすい!」
「こういう場合はいいな~!」

などと、使う場面でメリット・デメリットがあります。たとえば、

  • 食べこぼしなどのシミ汚れの漬けおきには酵素配合がよい。
  • 風呂釜洗浄では泡立たない方がすすぎやすい
  • 過炭酸ナトリウムの洗浄力をあげるには漂白活性剤配合がよい。
  • 国産で純度の高い過炭酸ナトリウムを使っているものもある。
  • 香りがついているものもあり、好き嫌いが発生する。

というようなことがわかったので、私なりに特長別にまとめてみました。

環境重視 泡立ち
酵素配合 漂白活性剤配合
純度 香料配合
防錆剤配合 ダイソーで買える気軽さ

それでは、詳しく説明していきます。

環境重視|ナチュラル思考のあなたにおすすめ酸素系漂白剤

環境にやさしい 酸素系漂白剤

酸素系漂白剤の主成分である過炭酸ナトリウムは、使ったあとは約6時間で炭酸ソーダと酸素、水に分解されます。

そして、塩素系漂白剤と違って使用後は殺菌作用も失われます。

だから、環境にやさしい!

過炭酸ナトリウム100%の商品には

などがあります。

さらに、過炭酸ナトリウムと炭酸塩のみの

も環境にやさしいのです。

オキシクリーン・日本版は、自然派洗剤の中で一番アルカリ性が強いとされている過炭酸ナトリウムに炭酸塩も配合しているので、さらにアルカリ性が強まっているのです。

それが、万能洗剤として人気になっている理由の一つかもしれませんね。

過炭酸ナトリウム100%だと、最大の特長である「酸素の力で汚れを落とす」ことが、界面活性剤配合のものより十二分に発揮されやすく、酸素が溜まるスピードも早いことも中学生の理科の実験で証明されています。

泡立ち|泡立つのは界面活性剤配合の酸素系漂白剤

オキシクリーン漬けおき ワイシャツ 真っ白温浴洗濯

インスタでのオキシ漬けの写真でよく見かけるのが、あわあわになったオキシ漬けです。

その泡泡の正体は、酸素系漂白剤の界面活性剤成分です。

これらの酸素系漂白剤が、界面活性剤が含まれており、あわあわになるのです。

あらゆる洗剤に配合されている界面活性剤ですから、酸素系漂白剤にも配合されていると、洗浄力が期待できるのでしょう。

「漂白・除菌・脱臭」という効果が期待できる上に洗浄力もあがる・・

だから、万能洗剤と言われて洗濯・掃除に大活躍できるということと推測できます。

ただ、過炭酸ナトリウムの酸素の力もスゴイので、果たして界面活性剤が必要なのか・・?

このあたりは、私もハッキリとしたことはわかりません。

しかし、私の経験上ではオキシクリーン日本版とアメリカ版の両方使いましたが、洗浄力の差は未だ実感しておりません。

酵素配合|食べこぼし汚れシミに強いのは酵素配合の酸素系漂白剤

食べこぼしシミ汚れ 酸素系漂白剤漬けおき

私が使っての実感として、酵素が配合されている酸素系漂白剤は、食べこぼしシミ汚れをよく落としてくれると感じました。

ワイドハイター粉末EXパワーの漬けおきだけで、汚れがかなり薄くなっていましたし、実験的にオキシクリーンマックスフォース(5種類の酵素配合)をスプレーして、オキシ漬けした場合も漬けおきだけで汚れが薄くなりました。

酵素パワーが効いている!

酵素が配合されているのは、

ただ、酵素配合されていなければ、オキシクリーンマックスフォースのような酵素配合の洗剤を混ぜればいいということも私の経験上言えます。

\【楽天】シミ汚れにシュッと一吹き/

漂白活性剤配合|過炭酸ナトリウムとの合わせ技で洗浄力アップする漂白活性剤配合の酸素系漂白剤

洗剤エキスパートの茂木和哉さんが仰っているのが、

過炭酸ナトリウムに漂白活性剤を合わせて使用すると、劇的に洗浄力が高まる。

ということです。

漂白活性剤配合されているのは、

ただ、「配合量が少ないので、あまり効果を実感できないかもしれない。」

とも茂木和哉さんは仰ってますので、汚れ落ちが一番良いということにはならないと判断します。

純度|純度の高い過炭酸ナトリウムをアピールしている酸素系漂白剤

酸素系漂白剤にも国内産、海外産、純度の高い低いがあるようです。

きれいっ粉という酸素系漂白剤のサイトをみると、純度の高い酸素系漂白剤を使用しているとアピールしているのです。

過炭酸ナトリウムといっても、純度や種類など様々なものがありますが、きれいッ粉は国内製造の高品質の過炭酸ナトリウムを使用しています。

溶けやすさ、発泡の度合い、汚れ落ちの良さを検証してたどり着いた原料を使っているのです。
つまり、過炭酸ナトリウムの中でも質が良い過炭酸ナトリウムを使っているのが「きれいッ粉」なのです!!

その証明として、検査機関に依頼し、きれいッ粉と他2種類の過炭酸ナトリウムの比較を行ってもらいました。
その試験結果を以下にご紹介します。

こう言われると、他の酸素系漂白剤の過炭酸ナトリウムは、質が悪いのか?と気になりますが。

きれいっ粉は、質が良いというだけあってお値段も高いです。

きれいっ粉 5kg 8,445円、100gあたり169円

試してみたい!

のですが、躊躇してしまいます・・汚れ落ちが気になる。

香料配合|香りがする酸素系漂白剤

オキシクリーン デオドラントパワー

洗浄力ではないのでが、香りについてです。

香りがついている酸素系漂白剤があるのです。

使ってみて判明したのがこの二つ。

成分表記には、1%未満なので表記されていないかもしれませんので、他にもあるかもしれません。

実際に、オキシクリーン・アメリカグラフィコ版デオドラントパワーの成分表記には表示されていませんでした。

だから、オキシクリーン・アメリカグラフィコ版とオキシクリーン・アメリカグラフィコ版デオドラントパワーの成分表記が同じなのに何が違うのだろうと思っていたのです。

結局、デオドラントパワーを使ってみてわかりました。

香料が配合されているかされていないかの違いだと。

オキシクリーン・アメリカグラフィコ版デオドラントパワーは、香りがするのです。

しかも、この香りがなんとも言えません。

人によって好みがあると思うのですが、私は無理でした・・

日本の洗剤や柔軟剤などのフローラル系やさわやか系の香りではありません。

なんとも言えない海外の香りです。

なので、私はもっぱら排水口掃除専用に使用しております。


もう一つ香りある酸素系漂白剤が、ワイドハイター粉末EXパワーです。

どうやら、新商品になってから香りがするようになったようで、amazonのレビューでも、香りに関することが見られます。

あまり評判がよくないようです・・

確かに、私も苦手なニオイで余計だと思いました。

ただ、オキシクリーン・アメリカグラフィコ版デオドラントパワーよりは、我慢できます。

香りも好き嫌いがあるので、酸素系漂白剤選びのポイントになるかと思います。

防錆剤配合|アルミ製品も使える酸素系漂白剤

換気扇シロッコファン オキシ漬けで失敗 アルミ剥げ

アルミ素材のシロッコファンなどにも使える酸素系漂白剤があります。



この2種類は、成分に防錆剤配合なので、アルカリや漂白剤に弱いアルミ製品にも使えます。

ただし、漬けおき時間が2時間までと制限があります。

オキシクリーンでアルミ素材の換気扇シロッコファンをオキシ漬けすると塗装が剥げますので、ワイドマジックリン粉末タイプがあると便利です。

ダイソーで買える|気軽に買える酸素系漂白剤

オキシウォッシュ

使いたい時にすぐに気軽に買えるというのも重要ですよね。

ダイソーで買える酸素系漂白剤が2017年12月に発売されました!



ダイソーで売っているのは、120gのコンパクト版です。

100均で売っているからと言っても国産品です。

その分、100gあたりの価格が高く私のコスパランキングで第8位という結果。

とにかくオキシウォッシュは、気軽に買えるのがポイントです。

使い方|酸素系漂白剤(粉末タイプ)の使い方は洗濯・キッチンやお風呂掃除などかなり多い!

オキシクリーン使い方

酸素系漂白剤(粉末タイプ)の使い方は、

などなど多岐に渡るのです!

家事シェアに役立つお風呂掃除のやり方(札幌主夫流)もまとめています。


主成分の過炭酸ナトリウムは、重曹やセスキ炭酸ソーダといった自然派洗剤の中で一番アルカリ性が強いのです。

そして、漂白・除菌・脱臭効果が期待できて、自然にもやさしい!というスーパー洗剤といってもいいのです!

しかも、洗濯・掃除方法も「漬けおき洗い」がほとんどなので、手間がかからず簡単!というのが素晴らしい!!

あなたにも「オキシ漬け=漬けおき洗い」のやり方をきちんと理解してほしかったので、別記事でまとめてますのでどうぞ♪

Sponsored Link

まとめ|酸素系漂白剤のおすすめは自分が買いやすいもの!

洗浄力は、どの酸素系漂白剤でもほぼ同等に期待できると思います。

コストパフォーマンスに優れているオキシクリーン・アメリカ版でも、ほとんどの汚れを落としてくれています。

ということは、国外産で純度も高くない?過炭酸ナトリウムでさえ、洗浄力に満足しているということ(私の場合)

だから、他の酸素系漂白剤も同様の効果は期待できると判断します。

ただ、私が実際に使用してみたのは、

  • オキシクリーン日本版
  • オキシクリーン・アメリカ版(コストコ)
  • オキシクリーン・アメリカ版(グラフィコ)
  • オキシクリーン・アメリカ版デオドラントパワー(グラフィコ)
  • ワイドハイター粉末EXパワー

だけです。

しかし、まだ使っていない過炭酸ナトリウム100%やサムライ、きれいっ粉などもamazonや楽天のレビューの評価やレビューの多さから判断できます。

なので、私の酸素系漂白剤のおすすめは、

コストパフォーマンスに優れているもので自分が買いやすいもの

だと思います。

オキシクリーンが1番!とかじゃなくてガッカリさせましたかね。

私なりにまとめます。

【コストコ会員さん】
オキシクリーン・アメリカ製コストコ版

【ナチュラル思考さん】環境優先!
過炭酸ナトリウム100%NICHIGA(ニチガ)
シャボン玉 酸素系漂白剤
オキシクリーン・日本製

【安さ優先さん】一番安いもの!
過炭酸ナトリウム100%NICHIGA(ニチガ)
シャボン玉 酸素系漂白剤
オキシクリーン・アメリカコストコ版

【実店舗優先さん】気軽に手に入れたい!
オキシクリーン・日本製
ワイドハイターEX粉末タイプ
オキシウォッシュ

というようなパターンだと思います。

そして私は、洗濯槽や風呂釜洗浄用とされて販売されている商品は割高と判断しました。

他のコストパフォーマンスに優れている酸素系漂白剤で代用できると思いますのでオススメしません。

最後に|パパのみなさん!理科の実験みたいで楽しいですよ~

私なりにコストや成分、使い方でのメリット・デメリットなどをまとめてきました。

これらを参考にして、あなたの使いやすい・買いやすい酸素系漂白剤を見つけていただければ嬉しいです。

私は、オキシクリーン愛が実った時に頂いたものが、まだまだあります。



そのオキシクリーンがなくなった時に、いろいろ他の酸素系漂白剤を試してみたいと思っています。

ワイドハイター粉末EXパワーは、香りがちょっと気に入らないのでもう使わないかと。

あとは、過炭酸ナトリウム100%商品を試していきたいです。

界面活性剤無配合の酸素系漂白剤をベースに、酵素入りの洗剤や界面活性剤入りの洗剤を配合したりして、楽しむのがいいかな~とも思っています。

重曹をまぜて、アルカリ性をアップさせて洗浄力を上げるという手法もありますしね。

ただ、それだとオキシクリーンを購入した方がコスパがいいのか?(オキシクリーンには炭酸塩が配合されているので)

まあ、いろいろと配合も楽しんで、掃除や洗濯も楽しんでやっていきます!

やっぱり、理科の実験みたいで男性家事にピッタリと思うな~~洗濯での染み抜きも含めて。


最後までお付き合いありがとうございました!