日本ハムファイターズキッズ

【最新情報追記 2016.12.19】
最新情報のまとめ記事を随時更新してます!
遂に!親会社の日本ハム株式会社も動く!これで新球場ボールパークの実現間違いなし!?いよいよ本格化!?2018年3月までには全て明らかになります!
まとめ記事⇒ 日本ハムファイターズ新球場ボールパーク構想【最新情報まとめ】

日本ハムファイターズ球団は、2016年度中にも新球場の候補地を絞るとしています。残り半年!各候補地のアピール合戦も盛り上がってくる兆しです。

正式に誘致を発表しているのは、行動力と実行力のある侮れない上野正三市長率いる北広島市。いの一番に、きたひろしま総合運動公園予定地に誘致を表明していますね。さすが!
参考⇒「日ハムドーム誘致」北広島市・上野市長の侮れぬ政策感度|北海道リアルエコノミー

そして、今回動きがあったのは、札幌市手稲区にある手稲稲積公園に誘致するというもの。「手稲区に地下鉄と日ハムドームを望む市民の会(仮称)」が中心となり誘致活動をする予定なのです。

だから、札幌市ではなくって、手稲周辺の市民や企業・団体・自治体が動き出したという訳です。

【2016/09/15追記】
札幌市がようやく札幌ドーム周辺を開発するからドームに残留して~という提案を日ハム側に行うようです。
参考⇒ 日本ハムファイターズ新球場・ボールパーク構想に札幌市が遂に歩みより!?

最初からきちんと交渉しろよ!という声が聞こえてきます~。

Sponsored Link

手稲稲積公園も日本ハム球団の15~20の新球場検討候補地に入っている模様

日本ハム新球場手稲

手稲稲積公園とは?

  • 所在地:札幌市手稲区前田1条5丁目
  • 広さ:18.1ヘクタール(18万平方メートル、札幌ドームの約3倍)
ていねプール

ていねプール(屋外)がある公園です。他には、テニスコート、野球場、パークゴルフ場、ゲートボール場、遊具、広場などがあります。

ていねプールと言えば、市民評価による事業仕分けで、不要(廃止)という評価結果になりました。でも、その後で行った市民アンケートや利用実態調査などで当面存続する結論に至ったという施設でもあります。

交通アクセスはどうでしょうか?

JR北海道

JR函館本線「稲積公園駅」下車徒歩2分という、最寄り駅からはかなり近いです。これは、かなりの高ポイントです!JR札幌駅から乗車すると、約15分です。

他の新球場候補地や札幌ドームと比較すると、

手稲稲積公園新球場 JR札幌駅⇒JR手稲稲積公園 JR(15分)+徒歩(2分)=約20分
きたひろしま総合運動公園予定地新球場 JR札幌駅⇒JR北広島駅 JR(快速16分)+シャトルバス(14分)=約30分
真駒内屋外競技場新球場 地下鉄札幌駅⇒地下鉄新駅(南北線) 地下鉄(16分)+徒歩(15分)=約35分
JR苗穂工場横新球場 JR札幌駅⇒JR苗穂駅 JR(4分)+徒歩(3分)=約10分
札幌ドーム 地下鉄札幌駅⇒福住駅(東豊線) 地下鉄(13分)+徒歩(10分)=約25分

※時間は、全て余裕をもって乗り継ぎ時間などを考慮しています。

ということに。さすが、札幌市内!球場まで20分で行けますね。

現状、JRの快速列車停車駅ではないので、ナイター時の16時~17時の運行本数が6本くらい。10分に1本の運転。ちょっと遅れて通勤ラッシュ時間にさしかかると、かなり混みあいますね。

しかし、都心からの近さやアクセスで言えば、私の新球場妄想プランの苗穂ですね!

日本ハムファイターズ新球場は都心に近い苗穂が本命!?今こそJR

地下鉄東西線宮の沢駅から手稲区までの延伸を望む声がきっかけ

日本ハム新球場手稲

今回日ハムの新球場誘致に動き出した「手稲区に地下鉄と日ハムドームを望む市民の会(仮称)」は、もともと、「手稲区に地下鉄を望む市民の会」だったそうなのです。

地下鉄延伸を望む活動が本格化した時に、日本ハムファイターズの新球場検討が明らかになり、球団の検討候補地にも含まれているということから、「手稲区に地下鉄と日ハムドームを望む市民の会(仮称)」に名称変更となったのです。

ですから、もしかしたら地下鉄延伸ということも考えられるということです。

が、可能性はかなり薄いことでしょう。札幌市は、冬季五輪誘致にチカラを入れてますからね~。手稲への延伸よりも、福住から札幌ドームまでの延伸が先のような・・・。可能性があるとしたらです。

札幌ドームを冬季五輪の開閉会式会場にと目論んでいますからね。ただ、北海道は真駒内屋外競技場で検討しているとか。このあたりも北海道と札幌市で思惑が一致していない一つの問題のです。

Sponsored Link

今後、札幌市が日本ハム新球場に対してどういう動きをするのか?

札幌市

日本ハム球団が本拠地移転構想が明るみにでてからの報道を見る限りは、札幌市の対応が消極的に感じるのは私だけでしょうか?

秋元市長のコメントも、経営的問題なので仕方ない。できれば、札幌市で建設して欲しい。という相手任せの消極的コメント。

まさか、札幌ドームから移転しないことも含めた札幌市以外には移転するはずがないと胡坐をかいているのではないでしょうか?日本ハム問題よりも冬季五輪誘致問題の方が重大ということでしょう。

万が一、日本ハムが札幌市と決別する判断をしたら、どれだけ恥ずかしいことになると思わないのでしょうか?

ボールパークが普通になっているアメリカでは、税収増や雇用拡大を期待して球団誘致合戦を展開するのです。日本であっても、プロ野球球団がある街では経済効果が見込めるのは同じです。他にも、様々な点でもプラスに働くことがたくさん見込めるはずです。

もはや、日本ハムファイターズは北海道においてスポーツコミュニティの核ともなっているのですから!

もし、実行力ある市長率いる北広島市に移転されでもしたら、日本ハムファイターズに逃げられたマチ「札幌市」と言われ続けるのではないでしょうか!?札幌市の面目まるつぶれ~。

札幌ドームも赤字転落、地下鉄東豊線も赤字増大。球団からの税収も雇用も失い・・・。その補填を札幌市民が担う・・・。

五輪誘致至上主義にも取り付かれている!

たしかに五輪誘致となると観光産業は助かると思います。しかしながら、準備費用が莫大です。国からの補助があるとしても、日本経済や北海道、札幌市の経済に本当にプラスになるのでしょうか?

施設の新設などをするから雇用も拡大されるということもあるでしょうが、その時で終わりですからね。新設された施設も五輪後に満足な活用もできないというのが目に見えるような・・・。

それが、全部今の子供・若者世代に負の遺産として残されるのです。本当に五輪誘致が必要なのでしょうかね。

ちょっと長くなりましたが、札幌市大丈夫!?ということです。私は、もっと札幌市が日本ハム球団と話し合いを積極的に対等な立場でもって協力して、500億円ともいわれているボールパーク構想を札幌市に実現して欲しいです。

今後、長いスパンでの経済効果とスポーツコミュニティというものが確立して、必ず街の発展となると思っています。だから、こんな記事も書きました。
参考⇒ 目指すのは自慢できる観光地!日本ハム新球場ボールパークに望むこと。

札幌主夫札幌主夫

なにか選挙の演説している気分になってしまった。ま、主夫のひとり言ですね。

【追記 2016.09.28】
球場問題よりもまず今夜、いよいよパ・リーグ優勝かもです!白井一幸コーチを中心とした日本ハム球団のコーチング指導などなどを中心に私の「日本ハム優勝」の思いを書いてます。時間あれば覗いてください!
参考⇒ 日本ハムリーグ優勝が現実に!MVP大谷で間違いなしだけどやっぱり監督コーチ陣が最高!

Sponsored Link

おすすめ記事キーワード一覧です!

オキシクリーン 主夫の洗濯
主夫の掃除 子供の病気
電気代節約 マンション
誕生日・クリスマスプレゼント 美味しいビール飲み方
ランドセル タイヤ交換
嵐コンサート 日本ハム

札幌主夫札幌主夫

主夫になった理由やメディア出演・掲載など「プロフィール」「男性育児休暇取得体験談」もどうぞ♪