電気代1年間18,000円節約した方法

日本ハムファイターズ新球場は都心に近い苗穂が本命!?今こそJR

日本ハムファイターズ新球場ボールパーク構想は苗穂!?

札幌ドーム

【2017.10.26追記】
札幌主夫の新球場JR苗穂工場案は、やっぱり妄想で終わりました・・。

JRの安全面を考えると、苗穂工場を移転するのは無理のようです。

都心に近い広大な土地としては理想ですが、現実的ではなかったです。

まあ、それ以前に札幌市が正式候補地として推薦するわけがないですよね。

現状は、道立真駒内公園vsきたひろしま総合運動公園予定地となっています。

詳しくは⇒日本ハムファイターズ新球場ボールパーク構想候補地【最新情報まとめ】よりどうぞ!

日本ハムファイターズ新球場は、苗穂が良い!!!

札幌市もなんとか地下鉄新駅構想まで用意して、真駒内屋外競技場あたりに建設を願っているようですが、地下鉄に決別して、JR苗穂新駅周辺にボールパーク実現というのはどうでしょう!!
関連記事⇒ 日本ハム新球場を真駒内に!地下鉄新駅構想で札幌市の思惑見えた!

ほぼ札幌市とは決別?して、JR北海道やサッポロビール、セブン&アイ・ホールディングス(無理か?)などの民間企業で協力したボールパーク構想!!

という日本ハムファイターズファン主夫の希望と妄想のお話です。

そうなると札幌市はファイターズ絡みの恩恵がまったくなくなります。

地下鉄東豊線の赤字進行、札幌ドームの赤字も進行・・・。結局、札幌市民の負担が大きくなる!?これも困ったことですね。

札幌市には、ファイターズ無しでも札幌ドームが黒字になる努力をしてもらわなければなりません!

でも、ファイターズへの協力は惜しまないで欲しい。わかってますよね!?秋元市長!

ところで、日本ハム新球場がなぜJR苗穂新駅周辺がいいの?

一番は都心が近い!

ナイターへの集客が今以上に見込めます。仕事帰りに行きやすい!都心からタクシーでも1,000円以内の圏内!

新球場の収容客数が、現状札幌ドームの4万人より減るのは間違いないので、ナイター集客が鍵を握るはずです。

赤字のJR北海道にプラス要素になる!

北海道新幹線

JRへの乗客アップ!

  • 快速エアポートも苗穂新駅を停車駅にして、新千歳空港から直結可能!
  • 北海道各地からのファイターズボールパーク観戦ツアーが組まれるので集客アップ!
  • 当然、札幌周辺からの利用客増にもなります!
  • さらに、北海道新幹線札幌延伸の好材料!?

苗穂駅移転・橋上駅舎化 新駅舎が、2018年度から運用開始予定。

苗穂新駅北3東11再開発

苗穂駅移転・橋上駅舎化、新駅舎が2018年度から運用開始予定なのです。また、苗穂新駅南口の北3東11周辺地区の再開発も行われます。

地上25階建ての高層マンションが2棟、医療・商業施設、高齢者住宅、駐車場を空中歩廊で苗穂駅南口と結ぶというような再開発が決定しています。

こちらも、1期工事2018年、2期工事完了が2020年予定となっています。
参考⇒ 北3東11周辺地区 – 札幌市【PDF】

この再開発整備がなされ、現状のアリオ札幌、サッポロビール園という商業施設。おそらく、アリオ札幌もファイターズのボールパークが決定すれば、テナントなども含めて大改装もすることでしょう。

さらに、苗穂地区にボールパークが決定すれば、民間企業も黙っていないでしょう。

さまざまな提案がなされるはずなので、日本ハム球団と協力して魅力的な施設やイベントなどが行われるはず!

もし、実現したら苗穂新駅南口の北3東11周辺地区再開発で建設される地上25階建ての高層マンションが、人気でますね~。

大京と住友不動産のマンションになるらしいので、高層階は億ションの可能性も!?

賃貸物件も人気になります。不動産オーナーが既に検討済みでしょうか!?こちらも要チェックが必要ですね(ちょっと脱線しました)。

手書きですが実際に日本ハム新球場周辺の地図をつくってみた。

【妄想手書き地図】
日本ハムファイターズ新球場ボールパーク構想は苗穂!?

【妄想】日本ハムファイターズ新球場候補地苗穂地区

 ※PDF版は球場を苗穂新駅より遠くしてみました。(混雑回避のため歩行距離をなるべく長くする)

【現状地図】

北海道開発局研修センター

え!?その場所って、JR苗穂工場の敷地では?さらに、北海道開発局研修センターもあるじゃないですか!

はい、おっしゃるとおりです。

しかし、私の勝手な希望・願望プランなのでお許しください。

ただ、国土交通省管轄の北海道開発局研修センターは、平成22年に財政運営戦略で廃止可能という報告も調査資料に掲載されてました。可能性はゼロではない!(しかし、2016年12月現在改修工事していた・・)
参考⇒ 職員研修施設に関する調査 [資料] – 総務省

JR苗穂工場の売却や移転は可能性がかなり低い!?

敷地面積は、19万6千平方メートル(札幌ドームの約3.5倍)と広大な敷地です。

が、しかし、車両の受持ち両数が北海道全体の約7割ということで、移転や閉鎖することは考えにくいです。

JR北海道の車両の安全問題もあり、設備投資もしていますし・・・。

ただ、全部ではなくて、一部をファイターズに売却するというのなら可能性はあるはず!?と思いまして・・・。(無理かな~?)

それで、札幌のファイターズファンの主夫お手製の苗穂新駅周辺の日本ハム新球場マップ作成というワケです。

今こそJR北海道はイメージアップ戦略が必要ではないのか!

JR北海道

JR北海道は、経営状態もさることながら、イメージも悪くなっています(安全面や新幹線札幌駅など)。

ここで、日本ハムファイターズの新球場のために一肌脱いで、苗穂工場縮小して、一部の土地を売却!

そうすると、JR利用者もアップしますし、苗穂に訪れる人もかなり増えるので、JR北海道のアピールも兼ねる仕掛けもつくれば、イメージ回復!

売上げアップ!とはなりませんか!?(そんな甘いものではない?)

しかし、今や日本ハムファイターズのチカラは北海道経済にとって魅力的かと思います。

ここは、日本ハム球団と協力するというのもひとつの戦略なのではないでしょうか。日本ハム球団がどう捉えるかはわかりませんがね。

苗穂新駅がもう着工されるので2~3万人を受入れる設計ではないのも問題点

苗穂新駅の着工が今年の秋から始まります。ということは、実施設計も終えていることでしょう。今から、2~3万人のお客さんが来ても大丈夫なように設計変更はできないかもしれません。
参考⇒ 苗穂駅移転・橋上駅舎化工事着手について【PDF/1932KB】

ましてや日本ハムの新球場が、まだ苗穂に決定したわけでもないですし・・・。やはり、可能性は低いか。

苗穂新駅は、エスカレーター設置も見送った程、予算も厳しいようですしね。

そして、周辺道路が狭く、安全問題、騒音問題などもあります。近隣にはマンションもあります。住人からの苦情も考えられます。

ただ、このような問題があるのは、苗穂地区に限ったことではなく、札幌市内であればどこでも考えられることとも思います。

都心に近い!駅から近い!日本ハムの新球場構想はこれが一番重要なのでは?

札幌駅都心部

都心に近い!駅から近い!なんだかんだ言っても、利便性が一番のポイントなのではないでしょうか?

日本ハムファイターズ新球場候補地

真駒内や北広島など報道されている候補地はやはり、都心からも遠いし、最寄り駅からも遠いのです。

現状の福住から札幌ドームの距離を考えても、新球場がそれ以上だとなかなか受け入れられないのかとも思います。

ソフトバンクホークスに年間集客数でも上回って、パリーグトップを目指すならば、利便性は譲れないポイントかと思います。

日本ハムファイターズ屋内練習場も近くにありますし、いっそ駅名も変えて、完全なるファイターズタウンにしてしまえばいいのに!

すでに、アリオ札幌という商業施設もありますし、無いのは宿泊施設=ホテル。必要かどうかは別にして。

新しくなんらかの施設も計画はできるはず!!

本当は、札幌駅周辺に建設するのが一番良いのですが、土地がありません。地下を掘ってつくるとか!?莫大な資金が必要になりますね。

それじゃあ、札幌駅の次の駅である苗穂地区。

魅力的ではないでしょうか?JR北海道さんいかがでしょうか?みなさん、いかがでしょうか?

ケンさく主夫

私の勝手な願望プランですが、実現を期待!!
[cc id=2753 title=”日本ハム新球場まとめ記事案内”]

6 COMMENTS

球場一つがやっと収まる程度の用地しかない所で、「ボールパーク」は無理でしょう。
北海道では、車社会ですから、駐車場が1万台位は駐車可能な場所でなければダメ。そして球場もサブグランドがつくれなければダメ。その点で文句なしの場所があります。
JR学園都市線の当別町です。JR線の新駅直結のスタジアムなら札幌駅から30分で、シート上ですし、車も比較的広い道路がありますし、メガショッピング構想もある日ハムの希望にかなった場所が用意されるとはずです。

返信する
kensaku

コメントありがとうございます!当ブログ、初コメントでとても嬉しく思います!

なるほど、当別町ですね!新しい!候補地の約20箇所位にあがっているかもですね。各地方自治体が、積極的になればなるほど盛り上がります。早く、北広島市のような誘致に立候補するところがあれば良いのにとも思っています。当別町はどうなのでしょうかね?

さて、私はやはりポイントは平日ナイター集客かと思っているのです。土日だけで考えると、当別や北広島でも北海道の車社会で、メジャーリーグのような車で観戦というのも面白いですよね。
しかし、ナイターとなると札幌市から離れれば離れるほど現状の観客数より落ち込むのが目に見えているのではないのかな~と?これは、北広島でも考えられます。やはり、集客あってこそのさまざまな収入に繋がるのでココがポイントなのでは?

JR学園都市線だと、快速などのダイヤ改正、本数増なども視野に入れなくてはですね。その点でも、現状では北広島の方が有利かな~というのが率直な感想です。

このようにみなさん様々な意見があり、勝手に妄想するのは楽しいです!それぞれの意見や声がつのり、ファイターズのボールパーク構想にプラスになることを期待しています。

返信する
kozy

はじめまして。私は新幹線札幌駅乗り入れに関して様々な報道がなされる中で発表された、日本ハムファイターズの新球場構想が出たときに、「これだっ!」と思いましたね。そしてまさか私のほかにもJR苗穂工場を考えている人がいるのはこれまた嬉しかったです!
私の勝手な妄想ですが・・・新球場建設とともに車社会の北海道にあって必要不可欠な広大な駐車場の敷地確保の為に苗穂工場+苗穂運転所の移転も考えておりました。
工場はこれからもメンテナンスや車両の製造・改造のために必要なのだろうと思いますので、岩見沢に新工場を建設しちゃいましょう。(岩見沢駅構内遊休地の活用、地域の活性化)そして運転所は手稲運転所と大谷地の札幌貨物ターミナル周辺敷地の改修で捌けないのだろうかと思っています。ついでに言うと、札幌における鉄道文化の中心にあった苗穂ですので、鉄道に関する展示物や車両などを収めた鉄道博物館的な施設(現在もそれに近い施設がありますがそれ以上の物を!)も造っちゃいましょう。
札幌都心に近い一等地の広大な土地を売却することで、JRは新幹線札幌駅乗り入れに必要な資金の捻出と新工場、車両の運用にかかる費用の捻出までまかなえないだろうかと思います(全然足りないかもしれませんが・・)
集客の為にはやはりアクセスが一番物を言うのは間違いありませんので是非とも期待したいです!!

返信する
kensaku

コメントありがとうございます!

やっぱり苗穂地区に期待しちゃいますよね!私もJR苗穂工場全区画を売却しないかな~と思いつつ、控えめに現実路線で一部?半分?売却案にしてみました。確かに、駐車場あれば完璧!工場か運転所の上に5階建て位の高架型立体駐車場を建設するとかも私、妄想してました・・・。無理っすね。

JR北海道もkozyさん案みたいに大胆なことしてみたらいいのにな~・・・。と思いました。妄想ですね。それでも、JR北海道幹部さんの中の一人でも柔軟な発想をお持ちの方はいないのかな~と。

果たして、どうなるものか?実に楽しみですね。球団はもっと革新的なアイデアを水面下で進行させてたり・・・。期待しましょう!!

返信する
jokamu

札幌駅の新幹線ホームが苗穂駅寄りにという案が報道されていました。
みなさま、札幌市を中心にいくつかの案がありますが、どう考えても札幌駅近くに集客すべきです。今、北海道は札幌に力を集中すべきです。
手稲方面や当別方面は遠すぎます。北広島では北海道の地方からは不便です。北海道は車社会ですが、野球開催のシーズンは寒い冬ではありません。
よって、苗穂工場跡地が最高のシチュエーションです。沖縄みたくアメリカやロシアの基地でも作られたら、大変なことになります。
苗穂地区は全域ファイターズ色にすべきです。駅名もファイターズスタジアム。
JR北海道をつぶすわけにはいきません。現在の苗穂駅と札幌駅の間が新幹線ホームとなり、この一帯から全道各地に向け、都市間バスが走る。いや、新幹線を新千歳空港駅まで延伸する。そんな未来ある都市にする。東京や南半球の国々等からの移住者を呼び込む。そんな構想、福岡市は福岡広域市と札幌市は札幌広域市として副首都に、大阪は一大の商業都市、名古屋は文化都市などなど、やってみよう。

返信する
kensaku

jokamuさん、コメントありがとうございます!
今の札幌で考えると、約20ヘクタールの土地で都心部と考えると、苗穂工場ですよね。
仰る通りシチュエーションはバッチリ!
あとは、工場と運転所を移転できるものか?この現実がありますよね?
そんなことをJR北海道がやるのか?経営状況も苦しい時こそ攻めの経営をするのか?守りに入るのか?
な~んて素人オヤジは考えてしまいます。
実際どうなのでしょうかね?全くの夢物語なのか?現実的にあり得る話しなのか?気になります。
本来ならば、ここで動くのが札幌市なのではないでしょうかね?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。