コストコ液体洗濯洗剤プラスオキシクリーンマックス 漂白剤入ってない

コストコで売っているアームアンドハンマー液体洗剤プラスオキシクリーンマックスフリー。

オキシファンとしては、オキシクリーンと表記されている液体洗濯洗剤を買いたいところですが、あえて「買わない」理由をまとめていきます。

こんにちは、見事に洗濯の奥深さにハマり掃除洗濯術本「魔法のオキシクリーン」に巻頭人気ブロガー枠で掲載されるほど成長した札幌在住のケンさく(@kensaku358)です。

オキシクリーン配合の液体洗濯洗剤みたいだし、汚れおちが良いという口コミも多いけど、なにせデカイ・・

大きいのでコストコで買うか買わないか迷いどころ。

さらに、コストコ「アームアンドハンマー液体洗剤プラスオキシクリーンマックス」の成分を見ると、酸素(さんそ)系漂白剤(過炭酸ナトリウム)が配合されていません。

【オキシファンでも冷静になると】

  • オキシクリーンの代名詞である酸素(さんそ)パワーがないことがわかる。
  • 大きすぎる洗濯洗剤を買わなくて済む。
  • 成分は大手洗剤メーカーと遜色ないことがわかる。

コストコで買うとかなり安いので、コスパが優れているのは間違いありません!

それでは、今回1番伝えたいコストコ「アームアンドハンマー液体洗剤プラスオキシクリーンマックス」の成分に酸素(さんそ)系漂白剤が配合されていないことなど詳しく説明していきます。

オキシクリーンと表記されている液体洗濯洗剤なのに買わない理由


オキシクリーンファンなのにオキシプラスの液体洗濯洗剤を買わない理由はズバリ、

オキシクリーンの主成分「過炭酸ナトリウム」が配合されてないからです。

オキシクリーンマックスプラスであって、オキシクリーンプラスではないのです!

妻

えっ、なに言ってんの?


詳しくは、このあとたっぷり?書いていきますね。

とにかく、漂白成分は配合されてませんので勘違いしないでくださいね。

液体洗濯洗剤には、過炭酸ナトリウムを配合するのは難しいのです。

日本でも、液体洗濯洗剤に漂白剤が配合されているのはアタックNeo(ネオ)抗菌EX Wパワーだけ。

しかも、過炭酸ナトリウムではなく過酸化水素を配合。

過酸化水素は液体ワイドハイターEXパワーの主成分ですね。

もう一つ買わない理由としては、洗濯洗剤の洗浄力が液体より粉の方が優れているから。

コストコ「アームアンドハンマー液体洗剤プラスオキシクリーンマックス」よりも粉洗剤で、お気に入りの洗浄力抜群の洗濯洗剤を使っているからですね。

【全成分】コストコ「アームアンドハンマー液体洗剤プラスオキシクリーンマックス」

アームアンドハンマープラスオキシクリーンマックス コストコ 液体洗濯洗剤成分

コストコ「アームアンドハンマー液体洗剤プラスオキシクリーンマックス」の成分です。

アームアンドハンマープラスオキシクリーンマックスフリー
界面活性剤:12.1%
(ラウリル硫酸ナトリウム、
ポリオキシエチレン脂肪アルコールエーテル、
直鎖型アルキルベンゼンスルホン酸塩)
グリセリン
工程剤
安定化剤
酵素(こうそ)
パーム核油脂肪酸
蛍光増白剤
保存料

オキシクリーンと言えば、酸素(さんそ)系漂白剤なのに配合されていません!

じゃあなんで、プラスオキシクリーンなの?

【成分1】プラスオキシクリーンマックスなので5つの酵素(こうそ)が配合!

オキシクリーンプラスではなく、オキシクリーンマックスプラスなのです。

オキシクリーンマックスと言えば、マックスフォースシリーズシミ抜き用スプレータイプジェルスティックタイプ


この2つには、酸素(さんそ)系漂白剤は配合されておりません。

界面活性剤と酵素(こうそ)のチカラで洗浄力を上げています。

私も、スプレータイプのオキシクリーンマックスフォースにはお世話になっております。


ということで、アームアンドハンマープラスオキシクリーンマックスフリーは、酸素(さんそ)系漂白剤入りの洗濯洗剤ではありません。

よく言われている液体アタックと液体ワイドハイターが一つになった洗濯洗剤とは、成分表示からは言えないのです。

さらに、アームアンドハンマー=重曹というイメージがありますが、重曹も配合されてません。

【メモ】酸素(こうそ)パワーと酵素(さんそ)パワーが紛らわしい!

オキシクリーンは、酸素(さんそ)系漂白剤です。

主成分の過炭酸ナトリウムがお湯に溶けると酸素(さんそ)の泡をたっぷりだします。

この酸素(さんそ)の泡で、汚れを浮き上がらせる働きをします。

一方、オキシクリーンマックスフォースシリーズは、界面活性剤と酵素(こうそ)パワーでシミ汚れを落とすのです。

オキシクリーンマックスフォースシリーズには、オキシクリーン主成分の過炭酸ナトリウムは含まれていません。

酸素(さんそ)パワーと酵素(こうそ)パワーは、別物ですので覚えておいてください。

ちなみに、洗濯洗剤にはたいてい酵素(こうそ)が配合されていますよ。

バイオ酵素配合洗濯洗剤が今注目されています!

【成分2】蛍光増白剤配合で香料なし

アームアンドハンマープラスオキシクリーンマックスフリーの成分特長として、蛍光増白剤が配合されています。

白物・色物の分け洗いしていなければ、蛍光増白剤配合がネックになりますね。

最近、花王アタックのテレビコマーシャルでも宣伝していることです。

どうしても、蛍光増白剤配合だと色物が白っぽくなっていくので注意しましょう。

また、海外製には珍しく香料は配合されておりません。

香りがないのは、個人的に評価高いです!

私、柔軟剤は使用しない派です。香りがキツすぎます・・

【成分比較】コストコ「液体洗剤プラスオキシクリーンマックス」 vs アタック 抗菌EX スーパークリアジェル

コストコ「液体洗剤プラスオキシクリーンマックス」と花王から発売されている液体洗剤「アタック 抗菌EX スーパークリアジェル」の成分を比較します。


アタック 抗菌EX スーパークリアジェルは、雑誌「LDK」2018年9月号で液体洗濯ではランキングトップの洗剤です。


アームアンドハンマープラス
オキシクリーンマックスフリー
アタック抗菌EX
スーパークリアジェル
【弱アルカリ性】 【弱アルカリ性】
界面活性剤:12.1%
(ラウリル硫酸ナトリウム、
ポリオキシエチレン脂肪アルコールエーテル、
直鎖型アルキルベンゼンスルホン酸塩)
界面活性剤:23%
(ポリオキシエチレンアルキルエーテル、
ポリオキシアルキレンアルキルエーテル、
脂肪酸塩、
アルキルアンモニウム塩)
グリセリン 安定化剤
工程剤 アルカリ剤
安定化剤 pH調整剤
酵素 酵素
パーム核油脂肪酸 蛍光増白剤
蛍光増白剤 工程剤
保存料 分散剤
香料
着色剤

アタック 抗菌EX スーパークリアジェルよりは、界面活性剤のパーセンテージが少なく、種類も違いますね。

ただ、界面活性剤が少ないから洗浄力が低いとは一概に言えません。

私が使っている界面活性剤0.5%配合の善玉バイオ洗剤 JOE 浄の洗浄力は高いですし・・

このあたりは、素人なので詳しいことはわかりません(すいません)

他は、香料配合の違いなど少し違いはあるものの、ほぼ変わらないと言っても良いのではないでしょうか?

【コスパ比較】コストコ「液体洗剤プラスオキシクリーンマックス」vs アタック 抗菌EX スーパークリアジェル

コストコの「液体洗剤プラスオキシクリーンマックス」の使用量目安は、

2.7キロの洗い物に対し、72Lの高水位でカップのメモリは2(46ml)

アタック 抗菌EX スーパークリアジェルの使用量目安は、

水量55L(洗たく物量4.5kg)⇒キャップ0.8杯(上の目盛り・49g)

あまりにも違いすぎる・・

コストコの「液体洗剤プラスオキシクリーンマックス」は、洗濯物量に対しての水量が多すぎませんか?

こう思うの私だけ?

アメリカ製だから、日本と洗濯機の考え方が違うの?

この使用量の違いですから、単純に比較できないな~と思いながらも高水位で洗濯を基準にコスパ比較してみます。

洗濯洗剤 内容量 参考価格
アームアンド
ハンマープラス
オキシクリーン
マックスフリー
7390ml 1,600円
アタック抗菌EX
スーパークリアジェル
詰替え
1350ml 410円

まずは、1本で洗濯できる回数を計算して比較します。

洗濯洗剤 高水位1回
必要洗剤量
1本洗濯
可能回数
1回あたり
コスト
アームアンド
ハンマープラス
オキシクリーン
マックスフリー
46ml 160回 10円
アタック抗菌EX
スーパークリアジェル
詰替え
58ml 23回 18円

次に、約1年分320回洗濯した時の価格を計算し比較します。

洗濯洗剤 320回使用時
購入箱数
320回使用時
購入コスト
アームアンド
ハンマープラス
オキシクリーン
マックスフリー
2本 3,200円
アタック抗菌EX
スーパークリアジェル
詰替え
14本 5,740円
※1年分の洗濯回数はコストコ液体洗剤のキリの良い回数としました。
※アタック 抗菌EX スーパークリアジェルは、詰替え用1350gで計算。
※コストコ液体洗剤の価格は約1,600円としています。
※アタック 抗菌EX スーパークリアジェルの価格は410円(ヨドバシドットコム2018年8月29日)としています。

この結果は、あくまでも高水位を基準にして計算した結果です。

さすがコストコ!コスパ良いのがわかりますよね。

ただし、洗濯物量を基準にすると、アタック 抗菌EX スーパークリアジェルの方が1回の使用量が少なくてすむのでコスパ良いことになります。

おそらく、水量で洗剤量を決めた方が正解・・?

【洗浄力】LDK2018年5月号では合格点!

アームアンドハンマー液体洗剤プラスオキシクリーンマックスの洗浄力は、実際に購入されてブログに書かれている方の多くが満足という口コミレビューをしてました。

私が大好きな雑誌「LDK」2018年5月号の洗濯特集でも、合格点をもらってました。


まずまずの汚れ落ちだそうです。

ただ、比較評価では粉洗剤ですが、花王「アタック高浸透リセットパワー」に負けていました・・

【メモ】国内液体洗剤で唯一漂白剤配合している「アタックNeo 抗菌EX Wパワー」の実力は?

LDK2018年9月号では、国内の液体洗濯洗剤で唯一漂白剤が配合されている花王「アタックNeo 抗菌EX Wパワー」を総合ランキング8位という評価に。

漂白剤が配合されているので消臭力は1位でしたが、洗浄力などの評価を落とす結果でしたね。

成分表示をみると、

界面活性剤[58%、高級アルコール系(非イオン)]、安定化剤、分散剤、漂白剤

酵素(こうそ)が配合されていません。

その分、界面活性剤の配合量を多くなっているのか・・?

う~ん、やはり洗濯洗剤で洗浄力にこだわるなら粉末洗剤かな~。

参考までに。

Sponsored Link

【まとめ】コストコ「液体洗剤プラスオキシクリーンマックス」コスパ良くても買わない!

コストコ「アームアンドハンマー液体洗剤プラスオキシクリーンマックス」の成分だけを見て、ブログ記事書いてしまいました・・

実際にコストコで購入して使用している皆さんのブログを読ませて頂き、汚れ落ちやコスパが良いのは伝わってきました。

でも、皆さんオキシクリーン=酸素(さんそ)系漂白剤が配合されていると勘違いされているのかな~とも思いました。

コストコ「アームアンドハンマー液体洗剤プラスオキシクリーンマックス」に含まれているのは、

オキシクリーンマックスフォースの酵素(こうそ)パワーです。

汚れ落ちが良い理由は、酵素(こうそ)パワーと思っています。

それでも私は、成分表記だけをみると日本の大手メーカーの洗濯洗剤と同じでは?と思ってしまいました。

コストコなので、コスパがものすごい良いのは間違いありません!

おそらく、1本買えば約半年はもつことでしょう。

でもでも、洗濯が趣味となっている私としては、買えない・・

蛍光増白剤も配合されているし、デカイし・・

あくまでも私の見解ですが、参考にしてください。