スキースクール札幌子供効果

正月明け早々に小学3年生の息子ケンケンは、通っているスイミングスクールで募集していたスキースクールに4日間通いました。

親としてはスイミングスクール前まで送迎すれば良かったので楽々でした♪

しかし、息子の滑りを確認できませんでしたが・・。

札幌でスキースクール通わさなければな~と考えている方に、少しでも参考になればと思い、我が家のスキースクール事情を記事にします。

スキースクールは、

  • スイミングスクール主催のスノーパラダイス テイネ(2016年1月・12月)
  • キロロ アニーキッズスキーアカデミー(2015年1月)
  • スノークルーズ オーンズ(いとこ情報)

の3カ所についてです。

ちなみに、初親子スキーに行ったのは、真冬は寒くて億劫になり、結局春スキーになってしまいました・・。

春スキーと言えば、なんだかカッコイイ?感じがしますが、冬に行きそびれてしまっただけ・・です。

※2016年4月4日に公開した記事ですが、リライト記事に必要な文言等を追記、その他の部分も修正して2017年11月22日に再度公開しました。
Sponsored Link

小学生のスキースクールの選び方は親の都合つまり送迎しやすさが優先に・・・

息子ケンケンが通ったスキースクールは、スイミングスクールが募集していたものでした。

スイミングスクールからスキー場まではバスで直通です。

スキー場は、春スキーで行ったスノーパラダイス テイネ

だから、高速道路を使って40分。これが選定ポイントでした。

よくあるスキースクールは、バスの送迎がついてはいるものの、乗り場を何ヶ所もまわるとスキー場まで到着するのに、かなり時間がかかってしまいます。

朝7時集合でスキー場到着が9時という場合も。

そうなると、2時間もバスに乗っていることに・・・

小学校低学年だと心配でした。かといって、親がスキー場まで送るとなると変です。

そういった意味での選定ポイントでした・・。

スキーの指導の良し悪しは、親がついていかないのでわかりません・・

価格は、4日間で29,800円。バス送迎、指導料、昼食、保険付です。

ただ、スイミングスクールを辞めると行けないのが難点ですね。来年も通わせたいのですが、冬までスイミングスクールに通っているかどうか・・・。

一般参加もプラス1,000円で参加できると判明!【2016.12.10追記】

初スキースクールはキロロのアニーキッズスキーアカデミーを1日受講(2015年)

キロロアニーキッズスキーアカデミー

息子の始めてのスキースクールは、小学1年生。

この時は、キロロのアニーキッズスキーアカデミーで教えてもらいました。

初めてのスキーレッスンでしたので、私も1日中、間近で見学してました。

まだ、初心者ですので、スキーコースではなくて、魔法のアトリエ(アニー特設スキーレッスンコース)で滑るので、ずーっと見ていることができました。

アニーキッズスキーアカデミーでは、楽しみながら遊びの中から学ぶというコンセプトどおり、声かけなども威嚇などは一切なしで、和気あいあいのなかのレッスン。

指導も親とスキーに行って安全に滑れるように、

止まり方や安全な転び方、起き上がり方を意識して指導している

ということでした。

レッスン終了後、親も子どもも集合した時に、インストラクターさんより説明が行われました。

息子ケンケンも吹雪の中、弱音を吐かずにガッツあふれる滑りをしていました。

転んでもすぐ立ち上がり、へこたれずにレッスンを受けていたのです。

スクール終了後も、「楽しかったもっと滑りたい!」と言い、自主練習も始めた位です。

初めてのスキーということもありますが、指導方法が良かったという点も挙げられるのかな~と思いました。

あと、1日いっぱい見ていると、3~4歳児くらいのちっちゃな子も参加していて、上手に滑っていました。

さすがに、小さな子は体力的に辛そうでしたが、休憩を取らしながら、励まして、自分で滑るというまで待ったりするなど工夫しながらのレッスンでしたよ。

1日6,900円。さらには、キロロのスキー場までは連れて行かなくてはならない。

ということですが、楽しんでスキーが学べますよ。

道新スポーツ主催のスクールに参加すれば、4,200円でアニーを受講できますよ。こちらも、現地集合・現地解散ですがね。

2017-2018年キロロリゾート「道新スポーツキッズスキーレッスン」

2017-2018年シーズンも道新スポーツ主催で、アニースキーレッスンを4,200円で受講できるプランが、参加者募集中してました。

北海道新聞に2017年11月14日に掲載されていた広告の画像を掲載しときます。
キロロ道新スポーツキッズスキーレッスン


<申込み方法拡大部分>
キロロ道新スポーツキッズスキーレッスン申込み方法

3~12歳を対象にした子供専用のスキースクール「道新スポーツキッズスキーレッスン」も10シーズン目に突入。

フランス仕込みのジュニアスキー指導専門スタッフが楽しくレッスンしてくれます。

魔法の空間「アトリエ」「不思議なプラトー」の専用エリアで楽しく遊んでいるうちに、いつの間にかスキーが上達。技能レベルの合わせた9つの受講クラスを用意。

3歳児のクラスはアトリエで雪に触れ合いながらスキーの面白さを感じていただきます。

安定して滑走できる上級コースはポール練習を取り入れ、あらゆる斜面と雪質でバランスの良い滑りを目指します。

開催日は12月11~17日、1月15~21日、2月17~25日、3月10~18日。

受講料は1日レッスン、リフト料金込みで4千200円。定員は各日40人。

問い合わせはアニーキッズスキーアカデミー℡0135・34・7128へ(平日8時30分~午後5時)。

参考にしてください。

ただ、ネット検索すると、道新スポーツキッズスキーレッスンの時は、コーチの増員をかけているとの噂も。

だから、通常のアニーキッズスキーアカデミーの時に教えているコーチではない場合があるとかないとか。

真相はいかに?

ちなみに、息子は、通常のアニーキッズスキーアカデミーで受講しています。

Sponsored Link

スノークルーズオーンズでレッスン(息子のいとこ体験)

息子ケンケンのいとこは、スノークルーズオーンズでレッスンを受けていました。

いとこのパパに聞くと、レッスンの回数券を購入して、その都度予約をいれてレッスンを受けるというシステムを利用していました。

この場合だと、こちらの都合で行けるので良いということを言ってましたよ。

シーズンスタート時などは、空いていてプライベートレッスン状態だったとか。

冬休み前が狙い目なのかもしれませんね。

スキースクールで学べばやはり習得は早いというのは間違っていない!

お父さん、お母さんがスキーを教えるのに自信がなければ、費用はかかりますが、スキー習得の近道なのは間違いないと思いました。

私も教えれる!とは思ったものの、なかなか思うようにはいきませんでした・・。

初めての親子スキーで痛感!

やはり、プロにお任せが良かったです。

キッズスキースクール虎の巻
こどもが伸びる!スキーの教え方―人気キッズスクール虎の巻を張り切って購入したのが、2年前。全く生かされてない・・。

もう1度今、読み返してみると知識として知っといて損はないと思いました。

今なら、ターンを教える時の教え方などは、試せるかも!とも。来シーズンにまた読み直して勉強しときます。

繰り返しますが、自分では到底教えられなかった・・という事を実感!

教えるって難しいですね。

いろいろアドバイスを試みたものの全く伝わりませんでしたから。お金はかかりますが、スキースクールいいです!

【何かとお金がかかる冬に役立つ電気代節約の秘策!】
子供のスキーレッスン、スキー一式など本当に冬はお金がかかります。もちろん、暖房費もかかりますから光熱費も上がります。

少しでも節約したいので私は実践しましたよ。
関連ブログ記事⇒電気代節約でアンペア変更するなら基本料金なしのLooopでんきに乗り換えの方が得!

【まとめ】子供のスキースクールは投資に値する!

忙しい親であればこそ、スキースクールはありがたい!

そして、私は、投資に値すると思います。

自分で連れて行こうという気持ちがあっても、忙しいと後回しにしがちになってしまいます(私だけか?)

娘のさくニャンもスキースクールに入れよう!

札幌の小学生は、学校でスキー授業があるので、やはりスキーは上手に滑れるようになってほしいと思うのが親心ですよね。

【おまけ】初親子スキーは行くまで2年かかった

私は、親子スキーも、まあ、そのうち・・が、春までになってしまいました。

しかも、私、2シーズン前に購入したスキー一式とスキーウェアがあるにも関わらず、1回も使うことなく眠らせていました・・・。

購入時は、息子にスキーを教えるからすぐに必要だから!

と妻にプレゼンしていたのにも関わらず、全く行かなかった・・(さんざん非難され続けていました)

という訳ですので、

2年がけ念願の親子スキーなのでした

そして、息子と一緒に行く初めてのスキー!

いろいろありましたが、プライスレス!でしたね。

息子のスキー技術はもちろん、体力的・精神的の成長も感じることができました!

まだまだ技術は、未熟ですがもっと経験を積めば、上手になっていくでしょう。本人次第でもありますがね。

カッコよく滑りたい!と思ってくれれば、もっと興味がでるでしょう。

今は、スピードが楽しくて、ひたすら八の字直滑降です。

ただ、きちんと止まれるから安心しました(スキースクールのおかげ!)

そして、私もスキーを久々に経験して様々な苦労もわかりました。

疲れている時のスキーとストックを持っての移動や寒さ暑さ対策などなど。

そんな中、4日間のスキースクールに弱音を吐かずに、頑張って行って練習をしていたと思うと、成長したな~とか。

初親子スキーは、息子は春休みですが、稼ぎの少ない現状の私は、平日にスキーなんかしてていいのか?と、思いながらの出発でしたが、行って良かった!

いろいろなリフレッシュにもなりました!

この記事がお役に立てば幸いです。

Sponsored Link

ダブルしゅふブログおすすめ記事キーワード!

オキシクリーン 主夫の洗濯
主夫の掃除 子供の病気
電気代節約 マンション
誕生日・クリスマスプレゼント 美味しいビール飲み方
ランドセル タイヤ交換
嵐コンサート 日本ハム

札幌主夫札幌主夫

主夫になった理由やメディア出演・掲載など「プロフィール」「男性育児休暇取得体験談」もどうぞ♪