オキシクリーンまるわかり早見ガイド

ランドセル選びにタブレット収納必要か?大容量必須!デジタル教科書は2024年~

ランドセル タブレット収納 デジタル教科書 

2021年4月から小中学生に1人1台端末(タブレット等)が配布され「GIGAスクール構想」が、本格的にスタート。

ランドセルにタブレット収納は必要?
タブレットは持ち帰るの?
デジタル教科書になるのはいつ?

ココがポイント!

  • 小中学校のデジタル教科書は2024年から本格導入開始予定
  • 2024年以降も荷物多いのは変わらず!紙教科書+タブレット持参あり!
  • ランドセルはマチ幅サイズが大きく大容量・なるべく軽いのがオススメ!
  • タブレット収納があると整理しやすく安心!
  • 【一覧表】タブレット収納付ランドセルを今すぐ見る
ランドセル タブレット収納 タブレットケース付 【タブレット収納付ランドセル一覧表】選び方の必須条件「たくさん入る大容量」 今でさえ毎日、荷物が多い小学生なのに・・また荷物が増えるようです・・

親としては、安全面を考えてなるべく手に何も持たないで登校させたい。

我が息子は、手に何も持ちたくないとパンパンのランドセルに入れるだけ入れてましたから、大容量のランドセルが最重要!と考えています。

背負いやすさは、各社研究されていて、ほぼ変わらないという印象を私は持ってます。

私が、 男の子ランドセル選びで最も重要としていたポイント「大容量」が、タブレット学習が行われる今後も欠かせません!

【GIGAスクール構想】1人1台タブレット端末導入でランドセル収納機能に変化到来!

「GIGAスクール構想」
小中高等学校などの教育現場で児童・生徒各自がパソコンやタブレットといったICT端末を活用できるようにする取り組み。

「GIGA」⇒「Global and Innovation Gateway forAll」
(全ての児童・生徒のための世界につながる革新的な扉)
「GIGAスクール構想」は、新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、端末導入のスケジュールを大幅に前倒し。

2021年4月から、ほとんどの小中学校で、1人1台タブレット端末が導入され授業に活用され始めてます。

気になるのは、1人1台渡されたタブレット端末を持ち帰るの!?

ランドセルに入れて持ち帰るなら、今、使っている教科書もあるので、さらに大荷物・重量アップなのでしょうか?

【タブレットの持ち帰り】ランドセルに収納して毎日持ち帰ることはない|2021年6月時点

2021年6月時点、娘が通う札幌市の小学校では、タブレット端末を持ち帰ることはありません。

特に詳しい説明もありませんが、今年度中は、頻繁に持ち帰ることはなさそうです。

高学年になり、「GIGAスクール構想」2年目になると、状況が変わる可能性はあるかもしれません。

ちなみに、息子が通う札幌市の中学校でも2021年6月時点、タブレット端末を持ち帰ることはありません。

札幌市立小中学校「GIGAスクール構想」1人1台端末は Chromebook(クロームブック)

我が家が住む札幌市の小中学校で使用するタブレット端末は、Chromebook(クロームブック)です。

メーカー、サイズなど判明次第追記します。

我が子の話を聞くと、A4サイズのようです。

【デジタル教科書】2024年から本格導入開始予定!ただし紙教科書と併用の可能性大!?

2024デジタル教科書
【参考】デジタル教科書の今後の在り方等に関する検討会議(第1回)配布資料 資料③:文部科学省

2024年度(令和6年度)の学習者用デジタル教科書の本格導入に向け、課題整理や技術検証が静かに、しかし着実に進んでいる。

文部科学省は2021年度の「学習者用デジタル教科書普及促進事業」として22億円の予算を計上している。

2021年3月には、同省が設置する「デジタル教科書の今後の在り方等に関する検討会議」(以下、検討会議)が「中間まとめ」の中で、2024年度を学習者用デジタル教科書の本格導入の契機とするよう求めた。

小中学校のデジタル教科書は2024年から本格導入開始予定ではありますが、紙の教科書とデジタル教科書との関係についての検討もされています。

令和6年度からのデジタル教科書の本格的な導入を目指すに当たり、児童生徒に対する教育の質を高める上で、紙の教科書との関係をどのようにすべきかについて、全国的な実証研究や関連分野における研究の成果等を踏まえつつ、更には財政負担も考慮しながら、今後詳細に検討する必要がある。

2021年6月時点では、紙教科書とデジタル教科書の併用が望ましいという見解。

これからのランドセル選びに、大容量+タブレット収納というポイントはしばらく続きそうです。

当然ながら、2022年入学モデルからランドセルメーカーによっては、タブレット収納モデルを発売しています。

【タブレット収納付ランドセル一覧】荷物がたくさん入るイオンみらいポケットおすすめ♪

iconicon

タブレットケースを取り外しできたり、チャック付ポケットがあったり、各メーカー工夫しています。

詳しくは、【タブレット収納付ランドセル一覧表】2022年以降選び方の必須条件に!記事にまとめました~
ランドセル タブレット収納 タブレットケース付 【タブレット収納付ランドセル一覧表】選び方の必須条件「たくさん入る大容量」

【大容量ランドセルマチ幅13cm以上一覧】荷物がたくさん入るおすすめはイオンかるすぽ!タブレットケースは別途購入パターン

ランドセル 大マチ 小マチ 重さ 価格(税込)
【イオン】みらいポケット
メイクルーム
icon
12.5cm 通常3cm
最大8cm
1,300g 60,775円(8/1迄)
定価71,500円
【イオン】みらいポケット
ロードレーサー
icon
12.5cm 通常3cm
最大8cm
1,260g 60,775円(8/1迄)
定価71,500円
【イオン】みらいポケット
プチコレクション
icon
12.5cm 通常3cm
最大8cm
1,270g 56,100円(8/1迄)
定価66,000円
【イオン】みらいポケット
アーバンスタイル
icon
12.5cm 通常3cm
最大8cm
1,250g 56,100円(8/1迄)
定価66,000円
【キッズアミ】
ペリカンポッケ
12cm 最大8cm
(ファスナー付)
1,250g 69,300円
【ふわりぃ】
スーパーフラッシュ
13.5cm 通常3cm
最大5cm
1,180g 54,230円(8/1迄)
定価63,800円
【イトーヨーカドー】
グランコンパクト
13cm 通常3cm
最大5cm
990g 57,200円
(nanacoP 7,800P
6/30迄)
【イオン】かるすぽ
ミラクルinアイビー
icon
13.5cm 3cm 1,130g 42,075円(8/1迄)
定価49,500円
【イオン】かるすぽ
ミラクルinエレガント
icon
13.5cm 3cm 1,150g 42,075円(8/1迄)
定価49,500円
【フィットちゃん】
グッドボーイプラス
安ピカタイプ
13.5cm 3cm 1,200g 56,100円(WEB)
定価61,600円
【セイバン】スゴ軽エアー 13cm 2cm 990g 54,450円(8/31迄)
定価60,500円
【コクヨ×あんふぁん】
ベーシック
14.5cm 1cm 1,100g 48,000円
(楽天市場)
【コクヨ×あんふぁん】
スポーツエディション
13.5cm 1cm 1,170g 43,300円
(楽天市場)
【コクヨ×あんふぁん】
クロスリード
13.5cm 1cm 1,160g 43,700円
(楽天市場)

マチ幅(大マチ+小マチ)が、20.5cmのイオンかるすぽみらいポケットが、大容量No.1!

みらいポケットよりも容量がやや小さいですが、マチ幅(大マチ+小マチ)16.5cmのイオンかるすぽ!ミラクルin iconは、価格(42,075円)が魅力!

iconicon

イオンのランドセル、使い勝手をきちんと考えられているな~というのが私の印象。

タブレットケースに関しては、別途、購入してもよいですね。

楽天市場では、タブレットケース が約1,800円位で販売されてました。

各大容量ランドセルの詳細は、別記事にまとめます。

ランドセルにタブレット収納は必要!荷物が多い問題は変わらず!紙教科書+タブレット持参もあり!

私は、ランドセルにタブレット収納があると便利で、親としては安心と感じます。

2024年にデジタル教科書が本格導入されても、紙教科書と併用となり、小学生の荷物が多い問題はしばらく続くと予想。

GIGAスクール構想世代 ランドセル選びのポイント!
  • 【大容量】マチ幅広い!なるべく両手が空くように
  • 【重量】軽い!
  • 【タブレット収納】あった方が整理しやすい!

後は、価格が少しでも安いモデルのラインナップが増えてくれれば最高!

参考になれば幸いです。

【ランドセルまとめ記事】いつ買う?種類・選び方・体験談・安く買う方法|ダブルしゅふ流

ケンさく主夫

ランドセル選びに迷ったらまずこの記事へ!
【ランドセルまとめ記事】いつ買う?種類・選び方・体験談・安く買う方法も書いています。是非お読みになってください。
ランドセル選び方 買い方 いつ買う まとめブログ記事 ランドセルいつ買う?種類・選び方・体験談・安く買う方法まとめブログ