育児

札幌在住兼業主夫の男性育児休業取得体験談プレイバックシリーズ!

男性育児休業(育休)取得のきっかけは・・・に引き続き、第2弾上司と交渉編です。

前回に続き、育休中に書いたブログ(閉鎖)記事です。

2007/12/17
育児休業(育休)取得のため、上司に交渉!
育児休業(育休)取得には、避けれない会社側との折り合い。上司とよ~く相談しなければなりません。

勇気がいる~(苦)

しかし、夏のある日、突然の発言にビックリ!でした。酒の席でしたが・・・。

ほとんどないパパの部署単独の飲み会。何年ぶりかに実現された時に、上司の方から、いつ出産予定日だっけ?当然、休むんでしょ?

との問いかけ。パパは「えっ!」っていう感じでした。そして、思わず「いいんですか!?」と。逆に質問。

話しているうちに、上司の子供が産まれる時に上司は仕事優先で、ほとんど上司の奥様に協力をしなかった。と。

で、私にはキチンと、協力する態勢をとって欲しいという願いがあったそうなのです。

なんと感謝してよいのだろうか!気が楽になり、お酒を飲むペースがあがりました!!

この時点で、育児休業(育休)取ったり~!

ってな感じで、舞い上がり気味でした。もちろんママに報告し、ママの両親・兄弟にもそんな話をして、パパが育児休業(育休)を取ってくれるということは、広まりました。家族に・・・。

パパ自身も育児休業(育休)を56日間ビッシリ取るぜ~ってな気持ちでした。

正月休みを挟めば、長く休んでいる感が薄れるだろう!と、軽い気持ちにも。

そして、月日が流れて出産1ヶ月前に。育児休業に必要な申請〆切が迫ってきた頃、改めて上司に相談。

どのくらいの期間休んでよいのでしょうか?と。

自分の希望は、1ヶ月は最低欲しいというものでした。さすがに小心者のパパは、56日間休みたい!とは、言えなかった。

しかし、上司は最高に長くても2週間位をイメージしていたらしいのです。

ですよね~~

大慌てです。自分の都合よく考えてた~と。で、結局、検討していただく事に・・・。

不安な気持ちに・・・。

ママの家族にも言ってしまってる手前、ヤベー!!ピンチ!!

お~、オレの育休はどうなる!?1週間?2週間?ママ~~、ゴメンナサイかも・・・・。

Sponsored Link

男性育児休業に立ちはだかる大きな壁!

あんなに豪語していたのに、ママになんて言ったらいいのか。まあ、でもよく考えれば、男の育児休業なんて前例もない訳だし、普通、1週間位と考えますよね。

私の考えていることや家族の状況などもコミュニケーション取れていませんでしたし。(オイオイ・・・)

逆の立場でもそう思います。無理言ってましたね~自分・・・・(反省)

しかし、急展開!?の結果は、次回に。お楽しみに♪

オキシクリーン 主夫の洗濯
主夫の掃除 子供の病気
電気代節約 マンション
誕生日・クリスマスプレゼント 美味しいビール飲み方
ランドセル タイヤ交換
嵐コンサート 日本ハム

札幌主夫札幌主夫

主夫になった理由やメディア出演・掲載など「プロフィール」「男性育児休暇取得体験談」もどうぞ♪