血液 しみ 落とし方 洗濯

洗濯大好きな兼業主夫ですが、
血液のしみの落とし方に確固たる技がなく、
漂白剤+お湯+歯ブラシで下洗いをしていました。

昨日のTBS系のこの差って何ですか?で、
クリーニングのプロ技を紹介していました。

血液のしみの落とし方!

プロ技のアイテムは、
コンタクト洗浄液!!

 

なんと!!

 

血液のしみにコンタクト洗浄液を垂らして、
なじませて、1時間放置。
後は、普通に洗濯機に入れるだけなのです!

 

簡単ですね!!

 

血液が固まってしまい、
かさぶたになってしまうのは、
血液にタンパク質が含まれているからなのです。

だから、服などにしみになった血液に
タンパク質分解酵素が含まれているコンタクト洗浄液をかけて、
タンパク質を分解してあげるという訳なのです。

 

ということは、
タンパク除去剤だともっと強力!?

 

1時間の放置時間を30分にできるとか?
でも、強力すぎて素材を傷めてしまうのか!?
これは、実験しないとわからないですね。

 

しかし、これで血液のしみの落とし方はバッチリ!
ケンケンの鼻血もなんのその!
結構な頻度で鼻血だしますからね~。
鼻をホジリすぎて・・・・。

ちなみに、8歳男子。
まだ鼻をホジッた指を舐めています・・・・。

ばっチぃ。

 

Sponsored Link

まだまだある洗濯のプロ技!

他にもプロ技が紹介されていました。
簡単にメモしときます。

洗濯で縮んだセーターを元に戻す方法

ぬるま湯にセーターを浸して、
ヘアーコンディショナーを入れる。
(セーター1枚につき3プッシュの量)

セーターをなじませてほぐしてあげて、
平干しすると元に戻るそうです。

髪の毛と一緒で、繊維の絡み合いもほどいてあげるのですって!

乾燥機で乾燥時間を短くする方法

これは、結構知っている方も多いのではないでしょうか?
私も知ってました。

乾いたバスタオルを入れて乾燥機をスタートさせる。
洗濯物の水分を吸収してくれるのです!

だから、通常時より時間が短縮して乾燥できるというワケですね。

ジーンズの色落ちを防ぐ方法

色落ちしやすいジーンズは、
洗濯前に漬け置きしてあげるのです。

大きめのボウルに水を入れて、そこに
酢:大さじ1杯
塩:大さじ1杯
を入れてよく混ぜて溶かします。

ジーンズを入れて30分~1時間漬け置きして、
あとは普通に洗濯するだけでOK!

 

洗剤がアルカリ性なので、酢を入れて中和させると
ジーンズの成分であるインディゴという染料が
落ちにくくなるそうです。

塩は繊維と染料の結びつきを強める働きをします。

このダブル効果でジーンズの色落ちを防ぐという訳なのです。
ジーンズを洗濯する時は、毎回やっておくと
色落ちが少なくてすむのです。

大事なジーンズは、このひと手間を忘れないように!

 

以上、洗濯のプロ技でした。
血液のしみの落とし方は、
出番が近そうなので、すぐに試せるかも!

鼻血だな・・・・たぶん。

 

オキシクリーン 主夫の洗濯
主夫の掃除 子供の病気
電気代節約 マンション
誕生日・クリスマスプレゼント 美味しいビール飲み方
ランドセル タイヤ交換
嵐コンサート 日本ハム

札幌主夫札幌主夫

主夫になった理由やメディア出演・掲載など「プロフィール」「男性育児休暇取得体験談」もどうぞ♪