北海道電力 エネとくMプラン

北海道電力「エネとくMプラン」電気料金、基本情報です。

注目は、北海道エリア電気料金割引率ランキング!

我が家の2017年電気代を目安に勝手にランキングにしてます。

北海道電力 エネとくMプラン
電気基本料金(1契約) 334円80銭(10Aにつき)
250kWhまで定額(1契約) 6,220円00銭
250kWhをこえる分(1kwh) 31円74銭
契約期間 1年
違約金 なし
支払い方法 クレジットカード・口座振替・コンビニ
明細書 Web・紙
最も多く使う発電方法  石炭火力(49%)
北海道エリア電力販売量ランキング(2017年9月) 1位
北海道エリア割引率ランキング(主夫独自)-位
Sponsored Link

北海道電力「エネとくMプラン」はどのくらい安くなる?北海道電力従量電灯Bと比較した割引率

北海道電力「エネとくMプラン」はどのくらい安くなるのか、我が家の2017年電力使用量をもとに計算しました。

我が家のアンペア数は50Aです。1年間での計算です。

使用量4,301kwh
北海道電力従量電灯B142,536円
北海道電力「エネとくMプラン」136,107円
節約額(1年間)6,429円
割引率4.6%
  • 消費税等相当額
  • 再生可能エネルギー発電促進賦課金2.64円/kWh
  • 燃料費調整額

も含んだ実際に請求された金額をもとに計算しています。

北海道電力「エネとくMプラン」のメリット

北海道電力を使用している場合はもちろん、新電力会社と契約している場合にもお得になる可能性あり。

特に北ガスの電気をターゲットにしています。

  • 毎月の電気使用量が250kWh~400kWh程度の場合にお得!
  • 毎月250kWhまでの電気料金は定額!
  • 解約金0円!
  • エネモポイントが貯まる!
  • webから簡単申込可能!
  • 電話からも申込可能!
  • 北海道電力だから信頼度マックス!
Sponsored Link

北海道電力「エネとくMプラン」のデメリット

北ガスの電気をターゲットにしているので、北ガスの電気より安い新電力会社と契約している場合メリットなし。

  • 年間6,000円程度しか安くならない
  • オール電化住宅は適用外
  • 電気使用量の範囲が限定されている
  • 泊原発再稼働がないと電気代が上がる場合も
  • プラン撤退の可能性もゼロではない

北海道電力に関するブログ記事

北海道電力(ほくでん)が発表した「エネとくMプラン」は電気代がどの位安くなるのか?

我が家の2017年の電気使用量をもとに、

  • ほくでん従量電灯Bの契約との比較
  • 新電力会社「Looop(ループ)でんき」との比較
  • 新電力会社「北ガスの電気」との比較

をした結果、

Looop(ループ)でんきが「エネとくMプラン」よりも約10,000円安く、北ガスの電気とはほぼ同等という結果に。

結局、ほくでんの最大のライバル北ガスに流れていく顧客を引き留める作戦でした。

ほくでん信者には嬉しい割引プランです。

北海道電力「エネとくMプラン」|電気料金シミュレーション

簡易シミュレーションできるサイトが2018年2月12日時点ではなし。

下記、北海道電力サイトからお問い合わせ(電話)する方法になります。

北海道電力「エネとくMプラン」以外の新電力会社も見てみる

自然でんき HTBエナジー まちでんき
丸紅新電力 北ガスの電気 auでんき
トドック電力 エゾでん ミツウロコでんき
J:COM電力 ヤマダのでんき Looopでんき
Sponsored Link

ダブルしゅふブログ「電気代節約TOPページ」へ

電気代節約裏技 新電力会社へ切替え