【9月キャンペーン一覧】申込むだけでもらえる

北海道新電力シェアランキング!評判良い信頼できる電気会社の目安に

北海道 新電力会社 シェアランキング

経済産業省資源エネルギー庁が発表している低圧販売電力量データを参考に全国電力供給量をランキング化。

そして、北海道エリアに供給している新電力会社のみ抽出し、新電力会社低圧販売電力量ランキングにしています。

全国ランキング 事業者 電力会社 2020年度
電力販売量
(4月~11月)
北海道電力株式会社 ほくでん 2,144,522
1 東京ガス(株) もらえる電気 6,283,192
3 KDDI(株) auでんき 3,234,539
4 SBパワー(株) ソフトバンク おうちでんき 2,695,364
5 ENEOS(株) ENEOSでんき 1,962,312
8 (株)Looop Looopでんき エゾデン 620,405
10 楽天モバイル(株) 楽天でんき 517,749
16 HTBエナジー(株) HISでんき(HTBエナジー) 438,331
23 (株)ミツウロコヴェッセル ミツウロコでんき 337,004
24 北海道瓦斯(株) 北ガスの電気 302,440
45 (株)F-Power
会社更生法申請し再建目指し中(2021年3月25日)
ピタでん 136,638
51 (株)トドック電力 トドック電力 82,184
58 (株)いちたかガスワン いちたかガスワン 76,603
59 (株)ジェイコム札幌 J:COM電力 76,273
75 丸紅新電力(株) 丸紅新電力プランH 50,751
90 熊本電力(株)
フラワーペイメント社とトラブル係争中・社長破産申請
とかち帯広電力(熊本電力) 36,494
92 アンフィニ(株) Japan電力 33,239
116 (株) ユビニティー 親指でんき 20,772
164 (株)サニックス サニックスでんき 9,036
参考 統計表一覧|電力調査統計資源エネルギー庁
2021年3月25日時点

北海道エリアに電力供給している新電力会社の低圧販売電力量(一般家庭+小規模工場・コンビニ)をランキングにまとめました。

低圧販売電力量とは?
低圧販売電力量=低圧電力(小規模工場・コンビニ)+電灯(一般家庭)

新電力会社選びの一つの参考データとしてお役立てください。

北海道エリア新電力シェアランキングの上位会社は電気代安いランキングでは下位!

新電力シェア
ランキング
電力会社 電気代安い
ランキング
(3人家族)
1位 もらえる電気(東京ガス) 17位
2位 auでんき 11位
3位 ソフトバンク おうちでんき 18位
4位 ENEOSでんき 12位
5位 Looopでんき エゾデン 8位
6位 楽天でんき 13位
7位 HISでんき(HTBエナジー) 7位
8位 ミツウロコでんき 14位
9位 北ガスの電気 16位
10位 ピタでん
会社更生法申請し再建目指し中(2021年3月25日)
3位
11位 トドック電力 17位
12位 いちたかガスワン 5位
13位 J:COM電力 20位
14位 丸紅新電力プランH 1位
※条件付(hulu利用料)
15位 とかち帯広電力(熊本電力)
フラワーペイメント社とトラブル係争中
1位
16位 Japan電力 4位
17位 親指でんき 8位
18位 サニックスでんき 2位
注意
auでんき vs サニックスでんき

auでんき
  • 【販売シェア】全国2位
  • 【年間電気代】107,501円
  • 【年間節約額】4,804円
サニックスでんき
  • 【販売シェア】全国160位
  • 【年間電気代】97,377円
  • 【年間節約額】9,852円

【北海道3人家族30アンペア契約】電力会社電気代安いランキングもあわせてご覧ください♪
北海道エリア 電気代安いランキング 新電力会社 とかち帯広電力1位 30アンペア契約 三人家族 【札幌電気代安いランキング】3人家族30アンペア契約のおすすめはサニックスでんき

【全国供給】2020年度(4月~11月)新電力会社低圧販売電力量シェアランキング

経済産業省資源エネルギー庁が発表している新電力会社 低圧販売電力量データを参考にランキングにしています。

全国ランキング 事業者 電力会社 2020年度電力販売量
(4月~11月)
北海道電力株式会社 ほくでん 2,144,522
1 東京ガス(株) 東京ガスの電気 6,283,192
2 大阪瓦斯(株) 大阪ガスの電気 3,472,785
3 KDDI(株) auでんき 3,234,539
4 SBパワー(株) ソフトバンクでんき 2,695,364
5 ENEOS(株) エネオスでんき 1,962,312
6 (株)ハルエネ ハルエネでんき 1,678,292
7 東邦ガス(株) 東邦ガスの電気 847,786
8 (株)Looop Looopでんき・エゾデン 620,405
9 (株)ジェイコムウエスト Jcom電力 564,659
10 楽天モバイル(株) 楽天でんき 517,749
11 エバーグリーン・リテイリング(株) イーレックス 511,987
12 (株)サイサン エネワンでんき 510,294
13 (株)ジェイコム東京 Jcom電力 502,718
14 (株)オプテージ eo電気 457,674
15 (株)エネット エネット 440,247
16 HTBエナジー(株) HTBエナジー 438,331
17 (株)東急パワーサプライ 東急でんき 434,911
18 (株)PinT PinTでんき 417,075
19 大和ハウス工業(株) ダイワハウスでんき 379,922
20 (株)エフエネ エフエネでんき 364,057
21 (株)ジェイコム湘南・神奈川 Jcom電力 360,158
22 (株)ジェイコム埼玉・東日本 Jcom電力 354,315
23 (株)ミツウロコヴェッセル ミツウロコでんき 337,004
24 北海道瓦斯(株) 北ガスの電気 302,440
25 (株)おトクでんき おトクでんき 300,647
参考 統計表一覧|電力調査統計資源エネルギー庁

【予想】2020年度北海道エリア新電力会社低圧販売電力量シェアランキング

公開されているデータがないので、北海道エリアの低圧販売電力量シェアランキングを予想しました。

注意
このランキングは、管理人予想なので参考程度と捉えてください。責任は一切もてません。
ランキング 新電力会社
1位 北ガスの電気
2位 auでんき
3位 ソフトバンクでんき
4位 ENEOSでんき
5位 トドック電力
6位 Jcom電力
7位 いちたかガスワン
8位 Looopでんき
9位 楽天でんき
10位 HISでんき(HTBエナジー)

北海道エリアのみ供給している新電力会社は、正確な数値で判断できます。

全国エリアに供給している新電力会社は、全国の販売電力量に対して北海道の販売電力量の割合で算出しただけですので、正確ではありません。

参考程度でご覧ください。

北ガスの電気が北海道エリアで電力販売量シェアが多い新電力会社!

おそらく、北海道エリアの新電力会社では、北ガスの電気がダントツでシェアNo.1でしょう。

それでも、北海道電力のたった15%。

2017年
電力自由化1年目
2017年4月23日の毎日新聞北海道版の記事をみると、

北海道ガスは、3月末までに6万5000件の契約を獲得しました。

コープさっぽろの子会社「トドック電力」も昨年6月の参入後に2万6000件の契約を結びました。

いずれも目標を達成し、さらに顧客増を目指しています。

北海道エリアでは北海道ガスやトドック電力のシェアが高いと判断できます。

2018年3月
北ガスの電気 契約件数が10万件突破
北海道ガスの北ガスの電気は、2018年3月に契約件数が10万件に達しています。

全国が供給範囲のLooopでんきは、2018年4月に申込み10万件を突破したことを考えると、北海道エリアでは北ガスの電気のシェア率が高いこと想像がつきます。

2019年5月27日
「北ガスの電気」15万件突破!
「北ガスの電気」の申し込み件数が2019年5月27日(月)時点で150,996件となり、15万件を突破したと発表
2020年9月29日
「北ガスの電気」約18万件!
新電力会社契約件数

北海道エリア、実際の電力販売量が気になりますね。

どの位なのでしょうか?

北海道電力販売シェアランキングと電気代節約額を参考に電力会社切り替えを!

北海道エリアにおける低圧販売電力量ランキングと、電気代節約額ランキングを合わせて考えると、信頼できてお得な新電力会社選びができると思います。

数字にすると、いろいろと事情が見えてきますね。

コレカラ主婦

冬の北海道は光熱費が高いですよね~

しゅふでん

灯油代・ガソリン代も高い・・

コレカラ主婦

家計がまたピンチに・・

生活費節約の切り札になる固定費削減!

  • 新電力会社への変更|簡単!
  • 格安SIMへの変更|やや面倒も節約額大きい!
  • ガス会社の変更|簡単!
などを積極的に利用していくことがストレスフリーの節約策だと私は思っています。

しかし、知名度のない新電力会社のリスクを恐れて、家庭では進まないのでしょうか?

私は、新電力会社が倒産しても電気の供給は保証されているということで安心して切替えてお得に!

1年で17,000円、3年で51,000円、5年で85,000円もお得になることを最優先!

目先の節約を優先ということです。

未来がどうなるかを考えていたら進まない!

北海道エリアおすすめ電気会社
  • 【3~4人家族300kwh/月以上利用で電気代を1番安くしたい】サニックスでんき
  • 【契約件数30万件で人気・再エネ普及に積極的・基本料金0円で安い】Looopでんき
  • 【コンサドーレファン】エゾデン (コンサスポンサー)

電気代が安くて、電力販売シェアも高く、信頼おける新電力会社と契約したいというのが我々消費者の本音です。

電気代の安さは、電気代シミュレーションをすればすぐにわかります。

\検針票あれば1分でわかる/

我が家は1年間18,000円節約に!

新電力会社が撤退して、すぐに電気が使えなくなることは絶対にありません。

ライフラインですので、消費者の我々はしっかりと保証されています。

Looopでんきなどの新電力会社が倒産・撤退した場合は、北海道だと北海道電力との契約に一時的に戻ることになるだけです。

ご安心ください。

契約件数30万件突破!


Looopでんき 公式ページ

【更新】キャンペーン情報!
【一覧表】北海道エリア電力会社乗り換えキャンペーンお得情報
北海道 キャンペーン一覧表 電力会社 キャッシュバック amazonギフト券 【キャンペーン一覧】電力会社新規申込むだけでもらえる!北海道札幌エリア17社20プラン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です