iPhoneの通信料を節約するために格安SIM利用

iPhone7発売だけど敢えてiPhoneSEに機種交換する理由は、

ズバリ!MNOの通信料が高すぎること!

大手3社NTTドコモ、au、ソフトバンクの通信料が高すぎます!

iPhone7が発表され、予約が9月9日で発売が9月16日です。

私、ただ今iPhone6使って2年経過ですので、機種交換しても良い頃。今まで、予約開始と同時に素早くオンラインショップで予約して2年おきにいち早く最新機種を使用してきました。

しかし、

  • 本当に最新機種必要なの?
  • 機能を使いこなしているの?
  • 電話使用頻度と通信量に見合っている?

などということをしっかり吟味すれば、かなり固定費を節約できるのでは?と妻と話しています。

確かに、今の使い方に対しての費用が見合わないと思います。

私の平均月データ使用量を確認すると、1GB~1.3GB。
通話も仕事で頻繁に使うというわけでもないので、1回5分以上の通話はほぼなし。

これって、かなり節約の余地ありですよね。

ということで、最新機種のiPhone7に後ろ髪をひかれながらも節約プランの戦略を練っているという記事です。

12月に配信されるiOSアプリゲーム「スーパーマリオラン」は、iPhoneSEでもできるし・・。
参考⇒ iPhone7よりマリオに驚き!ついにiOSでマリオができる「スーパーマリオラン」

Sponsored Link

iPhoneは使いたい!しかも安く!

やはり、iPhone歴が長いとアンドロイドOSはどうも使いづらいと思っています。

一度知人のアンドロイドスマホを操作した時「使いづらい」という印象をもってしまったのです。

慣れということもあるのでしょうが、やはり、直感的に操作可能なiOSからは離れたくありません。

ここは、譲れません!!

ということで、iPhoneをいかに安く使うかで検討することに。

値下がりしたiPhoneSEを狙い、現在使用しているiPhone6を売却

iphone6格安SIM

現状のiPhone6に格安SIMが使えれば良いのですが、私の使っているiPhone6のキャリアがソフトバンクなので無理ということがわかりました。

ドコモのiPhone6ならば、IIJmio(みおふぉん)のSIMカードが使えるのですがね。
参考⇒ ギモン01 iPhoneでIIJmioのSIMは使える? – すべて試して分かった!格安SIMのギモン 本音解答集 | IIJmio

ということで、SIMフリーのiPhoneに機種交換しなければなりません。そこで、狙い目として照準をあわせたのが、iPhoneSE。

2016年3月に発売してから、着々と値下げされてます。今回のiPhone7の発表時にまた値下げされて、64GBで49,800円(税抜)なのです!
参考⇒ iPhone SE 64GB シルバー – Apple(日本)

apple.comで購入して、今使っているiPhone6をじゃんぱらで買取してもらうという戦略。
53,784円(iPhoneSE新品)
-20,000円(iPhone6買取分)
——————————
33,784円がiPhone購入金額と予想します。

じゃんぱらでiPhone6を買い取りしてもらっての満額が27,000円。2年使用したiPhoneはどのくらいで買い取ってもらえるか?というところです。
参考⇒ じゃんぱら-iPhone(中古/未使用品)高額買取中!iPhoneを売るならじゃんぱらへ

appleでも下取りサービスがあるのですが、iPhone6の満額が24,000円なのでまず、じゃんぱらに査定してもらいます。

Sponsored Link

通信料は格安SIM(MVNO)で安く抑える!

今回の肝です。通信料をいかに安く抑えるか!

やはり、格安SIMの利用ですよね。どの格安SIM=MVNO業社を使えば良いか?問題になるのですが、まずここでは、ソフトバンクを使い続けた場合との差を書いていきます。

ソフトバンクを使い続けた場合

ホワイトプラン:934円
パケットし放題フラット for 4GLTE:5,200円
S!ベーシックパック:300円
———————————————————-
合計:6,434円(税込)

格安SIMにMNPした場合。

今回はまず、IIJmio(みおふぉん)で試算してみます。

ミニマムスタートプラン(3GB)
月額料金:900円+音声通話機能付帯料:700円=1,600円
通話定額オプション:誰とでも5分&家族と30分利用し放題=830円
———————————————————-
月額合計:2,624円(税込)

この他に、初期費用:3,000円の手数料とMNP料金がかかりますね。

ソフトバンクと格安SIMの比較

格安SIM(IIJmio(みおふぉん))を使用すると、

月額:3,810円
1年:45,720円
2年:91,440円

お得になります!

iPhoneSE新規購入分を含めてトータル的に費用を比較します

<現状のiPhone6を使用続けた場合>
ソフトバンクに支払う費用のみなので、

1年目:77,208円
2年目:154,416円

 

<格安SIM+iPhoneSEにした場合>

1年目:71,272円
2年目:102,760円(1年目費用+通信料1年分)

ちなみに、1年目の内訳は、

  • iPhoneSE購入金額⇒33,784円
  • 通信料⇒31,488円
  • 初期手数料+MNP手数料⇒6,000円

です。

ということは、

1年目で約6,000円お得に!
2年経過すると、約5万円お得!!

という結果になりました。

現状のソフトバンクiPhoneからの電話料金ももう少し加算されると思いますので、あくまでも目安です。

ちなみに、ソフトバンクでiPhone7に機種交換した場合でもiPhone6を使用続けた場合で計算した費用と同じでした。格安SIMを検討しなければ、iPhone7に機種交換した方が良いということですね。

なぜなら、タダで機種変更キャンペーンと月月割りを併用すると、iPhone7・32GBの機種代が実質0円さらに通信料から5,880円割引になるからですね。
参考⇒ タダで機種変更キャンペーン | ソフトバンク

だから、私も熱烈なアップル信者じゃなくても今まで2年おきに機種交換していたのですね。

しかし、今回の目的はスマホ通信料の節約です!

2年間で5万円節約!
妻と2台で10万円の節約!

これは家計にとっては大きいですよね!!2年後に家族で温泉旅行にも行けちゃいます!

最後にiPhone7+格安SIMですと、iPhone7・32GBの機種代が一括購入だと78,624円。

iPhoneSEより約25,000円高くなるので、
2年間で2.5万円節約!
妻と2台で5万円の節約!

となってしまいます。

iPhoneSE購入時の半分の節約となってしまうのと、iPhone7の新機能の必要性を考えての決断となりました。

Sponsored Link

格安SIM業社(MVNO)はどこにする?

格安SIM

今後のパターン 2年後のトータル費用
<現状のソフトバンクiPhone6を使用続けた場合> 154,416円
<格安SIM+iPhoneSE新規購入した場合> 102,760円
<格安SIM+iPhone7新規購入した場合> 127,600円

 
試算は、IIJmio(みおふぉん)で試算しましたが、今や格安SIM=MVNO業社もたくさんあります。

いったいどこを使うのが一番自分にあっているのか?ここが難関かも!?

ということで、格安SIM会社選びはこれからじっくり検討します。どういう結論にしたかはまた記事にしますね。

今のところ、IIJmio(みおふぉん)が第一候補です。ファミリーシェアプランにするとお得感増しますから、家族で使うには良いかと。
参考⇒ IIJmio高速モバイル/D 音声通話機能付きSIM ファミリーシェアプラン

なんと言っても安定した通信力が安心です。

もうすでに格安SIMを使っているという方からのアドバイスもお待ちしております~!!

札幌主夫札幌主夫

主夫になった理由やメディア出演・掲載など「プロフィール」「男性育児休暇取得体験談」もどうぞ♪