男性育児休業取得赤ちゃん

札幌在住兼業主夫の男性育児休業取得体験談プレイバックシリーズ!シリーズ4回目です。

育児休業(育休)取得のきっかけは・・・ (vol_1)
育休取得のための会社上司との交渉編 (vol_2)
育休取得のための会社上司との交渉結果は? (vol_3)
をまだ読んでない方はどうぞ♪

前回に続き、育休取得中に書いていたブログ(閉鎖)の内容です。

2007/12/20
育児休業(育休) スタート!

育児休業(育休)がいよいよスタートです!正直、長期(約1ヶ月)休養にウキウキです♪

ママは、まだ産院に入院中。当初は、入院している間は特にすることがないので、休むことが必要ないのでは?と思っていたが、ちょっとのことを気軽に頼める存在がママには必要なのです!

ママが、ケンケンと24時間同室開始の夜(手術=出産から4日目)からパパは産院に泊り込み合宿?開始でした。6泊7日の所を2日間だけ勘弁してもらい、4泊5日しました。

産院の病室は空いていたので、個室にしていました。(料金別途)ですから、宿泊可能なのです。

ソファベッドがあり、きちんと毎日申請すれば、寝具も貸してくれます。

午後産院入り

宿泊

9時半頃帰宅(シャワー)

午後産院へ

大まかに書くとこんな感じの生活してました。退院まで。

ケンケンの抱っこ、オムツ替え、ママの話相手、ママの足・腰のマッサージ等が主要な役割でした。

8畳位の個室ですが、空気が乾燥しすぎて非常に過ごしにくい環境でした。

ですので、パパは帰りたくて帰りたくて・・・・。看護婦さんたちの出入りも多く、人に弱いパパは、ヤラレ気味。

しかーし、ママに言わせれば「甘い!」そうです。

なんだかんだで、ママは精神的にストレスになることが多いので、それに比べりゃ・・・。

という事らしいです・・・トほほ。

やはり気軽に物を頼める存在がいるのと、いないのとは大幅に気持ちが違うようです。

ですので、新米パパのみなさん!出来ることなら、ママと一緒にいてあげると喜ばれると思います。

Sponsored Link

男性育児休業の最初はやっぱりただの長期休業気分ですね

8年後の現在、当時のブログ記事を読み返しても、長期休業に浮かれているのがわかります。

なぜなら、行動が甘い!文章から読み取れますよね~。

とにかく帰りたかった・・・・。という記憶が・・・・。

しかし、ママはもうこの時から、初めての育児の不安、母乳が出ないことや身体の不調と戦っているのです。ましてや、出産は緊急帝王切開でしたし。

どれだけ、精神的にも肉体的にも不安を抱えていることか。そのあたりの気持ちを十分には理解していませんでしたね。

反省・・・。

同時に母は強し!男はこんなもの!?

ちなみに、個室を選択したこともありまして、入院費用が結構高かったのでした・・・・。帝王切開手術したこともあるんでしょうが、約60万って・・・・

当時の出産一時金が35万でしたので、25万の持ち出しですからね~。手術分の高額医療費が約10万戻ってきても、15万の出費!!結構かかりましたね。

2人目の時は、病院も変えて、個室など選択せず、控えめにしたのは言うまでもありません(笑)

引き続き、男性育児休業取得プレイバックシリーズは、実際の育児休業中のお話しを続けます!

お楽しみに!!

札幌主夫札幌主夫

主夫になった理由やメディア出演・掲載など「プロフィール」「男性育児休暇取得体験談」もどうぞ♪