【8月以降】燃料費調整額上限有無確認を

2022年電気料金値上げに対し再エネどんどん割は燃料費調整額0円で値下がり!

再エネどんどん割 2022年 電気代下がる Looopでんき北海道

新料金プラン「スマートタイムONE」へ移行(2022年9月28日発表)
再エネどんどん割プランも2022年12月1日以降の検針日より新料金プランに移行されます。
【重要】Looopでんき 新料金プランへの移行に関するお知らせ|Looopでんき公式サイト

新料金プランは市場連動型夏冬の電気料金が高騰する恐れあり・・
スマートタイムONE | Looopでんきの市場連動型プラン

注意
【新規申込一時停止】Looopでんき 2022年4月1日AM9時~
「Looopでんき新規お申し込み受付一時停止のお知らせ(5月30日続報)」|Looopでんき公式サイト
新規申込再開予定:未定

しゅふでん

Looopでんき再エネどんどん割プランの再開は望み薄い気がします・・

しゅふでん

ここからは、2022年3月31日までの情報です。お気をつけください。

2022年3月時点、北海道電力をはじめとする電力会社各社が電気料金値上がりしている中、北海道エリアで唯一電気代が値下がりになっているのが、Looopでんき再エネどんどん割プラン

コレカラパパ

2021年12月~2022年2月は電気代が値上がりしているのに値下がり!?
値下がりではなく電気代が下がっている!

1年前の2020年10月頃からLooopでんき再エネどんどん割プランと契約されている方は、使用電力量が同じなら電気代が下がっています。

灯油代、ガソリン代、電気代などの光熱費が値上がりしている中、貴重です!

しゅふでん

電力会社の契約を見直す良い機会♪

もちろん、2021年1月に起きた電気料金がいきなり高額になるという市場連動型プランではなく、単価固定プランなのでご安心ください。

この記事では、Looopでんき再エネどんどん割プランだけが電気代安くなっている理由や、どんな家庭に向いているかをまとめていきます。

最後までお付き合いください。

【電気代値下がり理由①】Looopでんき再エネどんどん割プランは電力従量料金単価が1年毎に0.5円/kwh下がる!

再エネどんどん割 Looopでんき 2022年 電気代値下がり 毎年電気代値下がり

Looopでんき再エネどんどん割プランの電力料金単価
【1年目】32円/kwh
【2年目】31.5円/kwh
【3年目】31円/kwh
 ・
【5年目】30円/kwh
【6年目】29.5円/kwh ⇒ Looopでんきおうちプランと同じに!
 ・
【10年目】27.5円/kwh
 ・
 ・
【20年目】22.5円/kwh

このように電力従量料金単価が毎年必ず安くなります!

ということで、1年前より電気代が安い♪

しかも、毎月の請求金額は従量料金のみ!と、とってもシンプル。

【電気代値下がり理由②】Looopでんき再エネどんどん割プランは燃料調整額が0円だから!

再エネどんどん割 Looopでんき 2022年 電気代値下がり 燃料費調整額0円 再生可能エネルギー促進賦課金0円

2021年9月から、ほぼ全世帯、電気代が値上がりに。

理由は、液化天然ガス高騰などの影響による「燃料費等調整額」の上昇・・

「燃料費等調整額とは」
火力発電で使う燃料(LNG 液化天然ガス)の輸入価格の変動分を調整するために、毎月、自動的に電気料金に含まれて請求されているもの。
毎月の使用電力量 x 燃料費等調整額 という計算式。

【マイナス調整の場合(-3.49円/kwh 2021年3月)】
使用電力量376kwh x -3.49円/kwh = -1,312円
【プラス調整の場合(1.16円/kwh 2022年3月)】
使用電力量376kwh x -3.49円/kwh = 436円

期間 燃料調整単価
2021年1月 -3.39円/kwh
2021年2月 -3.45円/kwh
2021年3月 -3.49円/kwh
2021年4月 -3.33円/kwh
2021年5月 -2.99円/kwh
2021年6月 -2.48円/kwh
2021年7月 -1.95円/kwh
2021年8月 -1.6円/kwh
2021年9月 -1.28円/kwh
2021年10月 -0.99円/kwh
2021年11月 -0.59円/kwh
2021年12月 -0.28円/kwh
2022年1月 0.06円/kwh
2022年2月 0.63円/kwh
2022年3月 1.16円/kwh
2022年4月 1.4円/kwh

しゅふでん

2022年1月からどんどん上昇中・・

でも、Looopでんき再エネどんどん割は、2021年電気代値上がり原因の「燃料費等調整額」と「再生可能エネルギー発電促進賦課金」が0円。

  • 【2020年1月~2021年8月頃】燃料費等調整額がマイナス金額が大きいとデメリット
  • 【2021年9月~2022年5月頃】燃料費等調整額がプラス金額だとメリット

燃料費等調整額がどんどん値上がりしているので、北海道で唯一電気代が下がっているという訳です。

北海道電力とLooopでんき再エネどんどん割プランの電気代計算方法の違い

北海道電力 従量電灯B
  • 基本料金
  • 電力量料金
  • 燃料費調整額(毎月変動制)
  • 再生可能エネルギー発電促進賦課金
  • 上記の合計金額
Looopでんき|再エネどんどん割
  • 基本料金 0円
  • 電力量料金
  • 燃料費調整額(毎月変動制)0円
  • 再生可能エネルギー発電促進賦課金0円
  • 上記の合計金額

Looopでんき再エネどんどん割プランは、電力量料金のみの支払い

「電力量料金 = 従量料金単価 x 使用電力量」

2022年1月からの実際の電気代を比較してみます。

40A契約3~4人家族想定

期間 使用電力量
(kwh)
北海道電力
従量電灯B
Looopでんき
再エネどんどん割
2022年1月 430 15,649円 13,760円
2022年2月 386 14,254円 12,352円
2022年3月 376 14,058円 12,032円
2022年4月 390 14,679円 12,480円

しゅふでん

40アンペア契約の3~4人家族の場合、2022年1月~4月の4ヶ月で、8,016円の差!

20年間電気代が下がり続くという業界初の電気料金プラン「Looopでんき再エネどんどん割プラン 」は、2022年申し込みチャンスなのです。

【10年後・20年後の電気代比較】再エネどんどん割と北海道電力従量電灯B

しゅふでん

しゅふでん家の2019年度の電気料金で計算します。(50アンペア契約・4,251kwh/1年利用時)
電気料金プラン比較|50アンペア契約・350kwh/月利用時
北海道電力従量電灯BLooopでんき再エネどんどん割
基本料金

1,705円

0円

月額電気料金

12,638円

11,392円

初年度32円/kwh、毎年0.5円/kwhずつ下がります

1年間電気料金

149,868円

136,032円

北海道電力従量電灯Bよりも13,836円安い!

3年間電気料金

449,604円

401,718円

北海道電力従量電灯Bよりも47,886円安い!

5年間電気料金

749,340円

658,942円

北海道電力従量電灯Bよりも90,438円安い!

10年間電気料金

1,498,680円

1,264,665円

北海道電力従量電灯Bよりも234,015円安い!

ココがポイント!

  • Looopでんきは基本料金がずーっと0円!
  • Looopでんき再エネどんどん割は毎年電力量料金が0.5円kwh下がる
  • 10年間でLooopでんき再エネどんどん割の方が約23万円安い!

北海道電力従量電灯Bのまま、何もしていなかったら、10年で約23万円も損していることに・・

同じ電気を使っているのに、知っていると知らないとでこの差。

しゅふでん

新品冷蔵庫1台買えてしまいます!!

どんな世帯におすすめなの?

再エネどんどん割おすすめ世帯

こんな世帯はおすすめ!
  • 北海道電力従量電灯B契約のまま
  • 3~4人家族
  • 現状40~50アンペア契約
  • 電気代を安くして光熱費を少しでも多く削減したい
  • 電力会社の切り替えは1度で良い
  • 再生エネルギーを推進したい!

3~4人家族・現在40~50アンペア契約・電気代月額約10,000円世帯

しゅふでん主夫家と同じようなファミリー世帯が、おすすめ条件。

なぜなら、電力使用量が多いからですね。

北海道電力従量電灯B契約のまま世帯

電力切り替えなど興味なく、北海道電力従量電灯Bのままで、Looopでんき再エネどんどん割に切り替えると、かなり電気代を節約できます。

このまま、切り替えないでいると、5年後に約10万円損することになります(4人家族50アンペア契約・350kwh/月利用時)

電力会社の切り替えは1度で良いと考えている世帯

1度安い電力会社に切り替えたなら、その後は、面倒なのでしばらくそのままで良いと考えている家族にピッタリ!

Looopでんき再エネどんどん割は、毎年、電力量料金が0.5円/kwh下がっていくので、ほったらかしで良いのです。

知らないうちに電気代節約になってます。

再生エネルギーを推進したい世帯

Looopでんき再エネどんどん割というネーミングです。

当然、再生可能エネルギーの普及に貢献したいとの想いで考えられた電力プラン。

そして、Looopでんきは再生可能エネルギーの最大普及を積極的に推進している会社です。

泊原子力発電所が、8年間停止し再稼働の予定が立たない中、電力量料金を2度も値上げしている北海道電力。

電気代が下がるのをいつまで待ち続けますか?

電気代が安く、再生可能エネルギーに積極的な企業に期待しても良いのではないでしょうか!

再エネどんどん割おすすめしない世帯

こんな世帯はNG!
  • 単身・夫婦二人世帯
  • 20~30アンペア契約
  • オール電化住宅世帯
  • 常に1番安い電力会社と契約したい
  • 電力会社切り替えは何度でもやりたい
  • 北海道電力でなければ信用できないと思っている

単身・夫婦二人世帯・現在20~30アンペア契約・電気代月額約3,000円~5,000円世帯

電力使用量が少なければ、おすすめしません。

電力使用量が1ヶ月250kwh、8,000円以下ですと、北ガスの電気、Jcom電力、ほくでんエネ得Sプランを選んだ方が良いでしょう。

オール電化住宅世帯

オール電化住宅と電力自由化の相性は悪いです。

電気代、ほとんど安くなりません・・

常に1番安い電力会社と契約したい!電力会社切り替えは何度でもやりたい世帯

電力自由化の制度をフルに活用したい!という方には、長期契約がお得なLooopでんき再エネどんどん割は向きません。

定期的に1番安い電力会社をチェックして、切り替えまくりましょう。

電力会社は北海道電力でなければ信用できないと思っている世帯

電気は、北海道電力と契約しとけば安心!

という考え方なら、無理に切り替えすることはないですよね・・

そんな方は、電力自由化・新電力への切り替えのことなど検索しませんね(汗)

Looopでんき再エネどんどん割は北海道在住3人家族以上40アンペア契約以上で電力会社切り替えが初めてならおすすめ

こんな世帯はおすすめ!
  • 3~4人家族
  • 現状40~50アンペア契約
  • 北海道電力従量電灯B契約のまま
  • 電気代を安くして固定費削減したい
  • 電力会社の切り替えは1度で良い
  • 再生エネルギーを推進したい!

しゅふでん

Looopでんき再エネどんどん割に切り替えるだけで、10年間で約23万円も安くなります!
Looopでんきの新規申込みはエネチェンジがいちばんお得
比較サイト エネチェンジ でLooopでんきを申し込んだ方全員に、2,000円分のAmazonギフト券プレゼント!
  • 【キャンペーン適用条件①】キャンペーン実施期間中に対象プランをエネチェンジサイト で申し込むこと。
  • 【キャンペーン適用条件②】切り替え手続きが完了し、電気の使用が開始されていること。
  • キャンペーン適用条件① ②をいずれも満たした方が対象

申し込みはこちら

\2,000円分Amazonギフト券もらえる/

我が家はLooopでんきで3年間約50,000円節約に!