新電力会社 シェアランキング 北海道

電気代を少しでも安くするために、北海道電力から新電力への切替えを考えている。

でも、ただ単に電気代が安くなるだけで新電力会社を決めてしまうのは不安。

電気代比較も大事だけど、新電力会社のシェアはどうなっているのか?

全国では?北海道では?ということを明確にするため、発表されているデータをもとに私なりに新電力会社のシェアをまとめます。

こんにちは、新電力会社「Looopでんき」に切り替えて4ヵ月経過した札幌在住・兼業主夫のケンさく(@kensaku358)です。

冬の北海道は、電気代も暖房器具を長時間使いますので高くなります。

今年は、灯油代・ガソリン代も上昇中。そして、追い打ちをかけるように野菜も高騰・・

家計のやりくりに頭を抱えてしまいますよね。



生活費節約の切り札になる

  • 格安SIMへの変更
  • 新電力会社への変更
  • ガス会社の変更

などを積極的に利用していくことがストレスフリーの節約策だと私は思っています。


その中でも、新電力会社の変更は申込み手続きさえすれば、毎月の電気代が安くなるので「賢い節約」なのです!

ただ、新電力会社という新しいものに対する不安があるのも事実ですよね。

ダブルしゅふブログでも、私の経験や私なりに調べたことを書いています。


今回も、北電から新電力会社への切替えに対する不安を少しでも解消するため、新電力会社のシェア状況をお伝えしていきます。

Sponsored Link

新電力会社への切替え率は10%超え!家庭用販売電力のシェアは4.6%!

家庭用電力自由化になって、全国でどのくらいの人が電力会社の変更を行っているかを調べました。

やはり切替えている割合を知ることが、一つの決め手要素と思いますよね。

経済産業省の発表によると、2017年5月時点で一般家庭(低圧・電灯)が電力契約の切替えを行った件数が約634万件、切替率(スイッチング率)は約10.1%。

そして、2017年4月時点における販売電力量ベースの新電力シェアは、約4.6%(低圧分野)と発表しました。

家庭用電力の自由化1年で約1割が、電力切替えを行ったということです。

多いか少ないか・・。あなたの感じ方はどうでしょうか?今後の伸び率で判断したいといったところでしょうか。

ちなみに私は、電気代シミュレーションをして、思った以上に電気代が安くなったので、早く切替えないと損!と考えた派です。


次に、2017年4月時点での新電力の総販売電力量(低圧)に占める新電力各社のシェアをみてみましょう。

全国の新電力会社シェアランキング!

新電力各社のシェア(全国分)も経済産業省より公表されました。

2017年4月時点での新電力の総販売電力量(低圧)に占める新電力各社のシェアランキングです。

順位 事業者名 シェア
1 東京ガス(株) 24%
2 KDDI(株) 13%
3 大阪瓦斯(株) 11%
4 JXTGエネルギー(株) 8%
5 大東エナジー(株) 3%
6 (株)サイサン 3%
7 (株)東急パワーサプライ 2%
8 (株)ジェイコムウエスト 2%
9 SBパワー(株) 2%
10 (株)ケイ・オプティコム 2%
11 (株)Looop 1%
12 MCリテールエナジー(株) 1%
13 (株)ジェイコムイースト 1%
14 (株)エネット 1%
15 北海道瓦斯(株) 1%
16 (株)ハルエネ 1%
17 サミットエナジー(株) 1%
18 (株)ミツウロコ 1%
19 イーレックス・スパーク・マーケティング 1%
20 イーレックス・スパーク・エリアマーケティング 1%

シェアが多いのは、やはりガス会社や通信会社、石油会社など大手が上位を占めています。

ガスとセットでの割引、スマホ回線とセットでの割引などが決め手になっているパターンが予想できますね。

では、北海道での新電力各社のシェアはどうなっているのか?

Sponsored Link

北海道の新電力会社シェアランキング!1位は?Looopでんきは?

北海道における新電力各社のシェアもランキングにしてみます。

北海道は、2017年9月時点での新電力の総販売電力量(低圧)に占める新電力各社のシェアランキングです。

順位 事業者名 電力販売量(千kWh)
1 ソフトバンクでんき 45,803
2 ハルエネでんき 38,173
3 Looopでんき 24,661
4 エネット 20,020
5 北海道瓦斯 16,784
6 HTBエナジー 11,733
7 ミツウロコグリーンエネルギー 6,443
8 トドック電力 6,428
9 アースインフィニティ 4,104
10 ジェイコム札幌 3,653
11 F-Power 3,149
12 東海電力 2,795
13 生活クラブエナジー 2,722
14 きたでん 2,362
15 エナリス・パワー・マーケティング 1,872
北海道電力 699,681

新電力ネットさんのページを参考にしたのですが、全国でシェア2位のKDDI auでんきがランクインされていないのです。

全国2位のシェアですから、3位以内にランキングされてもおかしくないと思います。

他の地域でもデータに反映されていなかったので、見落としかとは思います。

二次情報ですのでご了承ください。

Looopでんきは意外にシェアが高い!

北海道での新電力シェアランキングをみると、auでんきが反映されていないこともありますが、Looopでんきのシェアが想像以上に高いです。

やはり、北海道では電気代比較シミュレーションをすると、最安値に該当するので、契約数も多くなっていると仮定できますね。

すぐにシミュレーションしたい!場合はこちらからどうぞ♪
シミュレーション⇒料金シミュレーション | 低圧(家庭・事業所・商店)のお客さま| Looopでんき

ただ、ソフトバンクやauでセット割で契約するパターンも多いというのもわかります。

しかしながら、毎日新聞北海道版の記事をみると、

北海道ガスは、3月末までに6万5000件の契約を獲得しました。

コープさっぽろの子会社「トドック電力」も昨年6月の参入後に2万6000件の契約を結びました。

いずれも目標を達成し、さらに顧客増を目指しています。

と書かれており、北海道ガスやトドック電力のシェアが高い?と判断してしまいます。

契約数は多いが、販売電力量は5位と8位というように、ソフトバンクでんきLooopでんきより少ないという結果。

二次情報からは詳細はわかりませんが、テレビ・新聞などの宣伝や既存の顧客の取り込みよりも、電気代の安さという点で劣ることが、それほどシェアが伸びていない原因と私は予測します。

やはり、北海道電力の電気代が高いために北海道エリアでは、基本料金無料のLooopでんきの安さが際立っていると私は思いますね。

Sponsored Link
looopでんき 北海道looopでんき 北海道

【まとめ】新電力会社のシェアと電気代のバランスがポイント!

今回の新電力各社のシェアを見て、電力会社変更のヒントとなったでしょうか?

電力会社の切替えは、

  • 電気代の安さ
  • 新電力会社の信頼・取り組み
  • 再生エネルギーへの積極的な姿勢

などの要素がポイントになってくると思います。

電気代が安くて、シェアも高く、信頼おける新電力会社と契約したいというのが我々消費者の本音です。

電気代の安さは、電気代シミュレーションをすればすぐにわかります。

でも信頼おける会社と言う点では、なかなか難しいのも事実です。

たとえば、大東建託子会社の大東エナジーが、不採算を理由に2017年11月に撤退を決めました。

全国の家庭用販売電力量ベースのシェアランキングが6位の会社です。

電力販売量シェアが多くても、撤退に追い込まれる現状でもあるということです。

このあたりは、別記事にて私なりの見解・まとめ記事にて書いていきます。

さまざまな所から情報を知り、その情報を自分なりに分析して決めるということが大事ですよね。

でも、新電力会社が撤退しても電気が使えなくなるという事ではありません。

ライフラインですので、消費者の我々はしっかりと保証されています。

ただ、電力会社をまた変更しなくてはならないということだけです。


お間違えのないように。ご安心くださいね。

【追記】販売電力量に占める新電力シェアで北海道がついに1位(2017年10月)

北海道 新電力 シェア ランキング1位

2017年10月、北海道が遂に新電力シェアランキング1位になりました~。

北海道電力の電気料金高止まりを背景に、競争が激しい首都圏や関西圏を上回るペースで新電力が顧客を増やしている。

安さが売りの新電力は電気を多く使う企業向けを軸に契約を伸ばすが、一方で価格競争の激化に伴い、一部で経営悪化のリスクも指摘されている。

やはり、北海道電力の電気代は2回も値上がりしたままですので高いですからね。

もっとも、北海道が新電力シェアを伸ばした要因は、家庭向けではなく、企業向け大口高圧電力の販売量が増加したからです。

自治体での切り替えが進んでいる模様。

これから、家庭でも新電力への切替えが進むのでしょうか!?

しかし、新電力業界でも競争激化で電力の取引価格が高騰していて、赤字覚悟で調達している会社も目立ってきています。

新電力会社の経営悪化のリスクを恐れて、家庭では進まないのでしょうか?

私は、新電力会社が倒産しても電気の供給は保証されているということで切替えを行いましたが・・。

1年で17,000円、3年で51,000円、5年で85,000円もお得になることを優先させました。

目先の節約を優先ということですね。未来がどうなるかを考えていたら進まない!

Sponsored Link

ダブルしゅふブログ人気記事キーワード一覧

電気代節約 新電力会社Looopでんき切替

オキシクリーン使い方・種類 主夫の洗濯ヒント
主夫の掃除ヒント 主夫の子育て話
電気代節約裏技 札幌マンション情報・カタログ
誕生日・クリスマスプレゼント 美味しい缶ビール飲み方
3万円お得ランドセル タイヤ交換
嵐コンサート・グッズ 日本ハム

札幌主夫札幌主夫

主夫になった理由やメディア出演・掲載など「プロフィール」「男性育児休暇取得体験談」もどうぞ♪