北海道50A電気代比較ランキング

【比較】北海道新電力会社シェアランキング|2018年9月実績分

2018年9月実績分(2018年12月25日発表)、新電力会社の低圧販売電力量をランキングにまとめます。

  • 全国ランキング
  • 北海道エリア供給のみランキング
  • 【参考】北海道エリアシェア率ランキング
MEMO
低圧販売電力量=低圧+電灯
<低圧>小規模工場・コンビニ
<電灯>家庭

新電力会社選びの一つの参考データとしてお役立てください。

電気料金比較はこちら

【全国ランキング】新電力会社低圧販売電力量|2018年9月実績分

順位 事業所名 新電力名 電力販売量(千kWh)
北海道電力 北海道電力 169,378
1 東京ガス(株) 東京ガスの電気 593,588
2 KDDI(株) auでんき 420,840
3 大阪瓦斯(株) 大阪ガスの電気 312,352
4 JXTGエネルギー(株) ENEOSでんき 176,731
5 (株)ハルエネ ハルエネでんき 171,854
6 SBパワー(株) ソフトバンクでんき 116,813
7 (株)サイサン エネワンでんき 61,618
8 イーレックス・スパーク・マーケティング(株) イーレックス・@niftyでんき 61,029
9 (株)ジェイコムウエスト J:COM 電力 58,922
10 (株)Looop Looopでんき 53,335
11 (株)東急パワーサプライ 東急でんき 46,886
12 (株)ジェイコムイースト J:COM 電力 43,752
13 (株)エネット エネット 42,270
14 (株)ケイ・オプティコム eo電気 39,047
15 (株)ミツウロコヴェッセル ミツウロコでんき 35,400
16 東邦ガス(株) 東邦ガスの電気 35,363
17 MCリテールエナジー(株) まちエネ 29,922
18 HTBエナジー(株) HTBエナジー 29,181
19 北海道瓦斯(株) 北ガスの電気 25,895
20 シン・エナジー(株) シン・エナジー 22,202
※2018年9月実績(2018年12月25日発表)
参考 2018年度 統計表一覧|電力調査統計資源エネルギー庁

【北海道供給会社のみランキング】新電力会社低圧販売電力量|2018年9月実績分

全国ランキングより、北海道エリアに供給している新電力会社のみでのランキングです。

順位 事業所名 新電力名 電力販売量(千kWh)
北海道電力 北海道電力 169,378
1 KDDI(株) auでんき 420,840
2 (株)ハルエネ ハルエネでんき 171,854
3 SBパワー(株) ソフトバンクでんき 116,813
4 イーレックス・スパーク・マーケティング(株) イーレックス・@niftyでんき 61,029
5 (株)Looop Looopでんき 53,335
6 (株)エネット エネット 42,270
7 (株)ミツウロコヴェッセル ミツウロコでんき 35,400
8 HTBエナジー(株) HTBエナジー 29,181
9 北海道瓦斯(株) 北ガスの電気 25,895
10 (株)F-Power ピタでん・エゾでん・はなカメくん電気 12,315
丸紅新電力(株) 丸紅新電力・イーネットワークシステムズ 10,780
(株)トドック電力 トドック電力 7,941
(株)いちたかガスワン エネワンでんき 7,502
(株)ジェイコム札幌 J:COM 電力 6,050
(株)パワー・オプティマイザー AIでんき 1475
自然電力(株) 自然電力のでんき 190
(株)ユビニティー 親指でんき 0
楽天エナジー 楽天でんき 0
※2018年9月実績(2018年12月25日発表)
参考 2018年度 統計表一覧|電力調査統計資源エネルギー庁

【北海道シェアランキング】参考|新電力会社低圧販売電力量

新電力会社の低圧販売電力量を北海道エリアの使用率を予想した電力量を計算してランキングにしました。

このランキングは、管理人予測なので参考程度と捉えてください。責任は一切もてません。

順位 事業所名 新電力名 電力販売量(千kWh)
北海道電力 北海道電力 169,378
1 北海道瓦斯(株) 北ガスの電気 25,895
2 (株)トドック電力 トドック電力 7,941
3 (株)いちたかガスワン エネワンでんき 7,502
4 (株)ジェイコム札幌 J:COM 電力 6,050
5 KDDI(株) auでんき 2,240
6 (株)ハルエネ ハルエネでんき 1,775
7 SBパワー(株) ソフトバンクでんき 1,487
8 イーレックス・スパーク・マーケティング(株) イーレックス・@niftyでんき 1,226
9 (株)Looop Looopでんき 1,088
10 (株)エネット エネット 517
11 (株)ミツウロコヴェッセル ミツウロコでんき 453
12 HTBエナジー(株) HTBエナジー 334
13 (株)F-Power ピタでん・エゾでん・はなカメくん電気 315
14 丸紅新電力(株) 丸紅新電力・イーネットワークシステムズ 254
15 (株)パワー・オプティマイザー AIでんき 62
16 自然電力(株) 自然電力のでんき 8
17 (株)ユビニティー 親指でんき 0
17 楽天エナジー 楽天でんき 0

おそらく、北海道エリアの新電力会社では、北ガスの電気がダントツでシェアNo.1でしょう。

それでも、北海道電力のたった15%です。

北海道エリアのみ供給している新電力会社は、ある程度正確な数値でしょう。

全国エリアに供給している新電力会社は、全国の販売電力量に対して北海道の販売電力量の割合で算出しただけですので、正確ではありません。

楽天でんき・親指でんきは、2018年10月から北海道エリアへの供給をはじめましたので販売電力量が0です。

【まとめ】電気代節約額・北海道シェア率を参考に切り替えを!

北海道エリアにおける低圧販売電力量ランキングと、電気代節約額ランキングを合わせて考えると、信頼できてお得な新電力会社選びができると思います。

数字にすると、いろいろと事情が見えてきますね。

2018年10月実績は、2019年1月末更新予定です。

お楽しみに!

1 Comment

しゅふでん

しゅふでんへのお問い合わせありがとうございます。
せっかくお問い合わせいただいたのですが、返信してもメールがおくれません。
存在しないメールアドレスとなってました。
こちらのコメント欄に回答しときます。

早速ですが、こちらでわかる事を記載します。
資源エネルギー庁の登録小売電気事業者一覧をみると、「レノア」という事業者名では存在しません。
http://www.enecho.meti.go.jp/category/electricity_and_gas/electric/summary/retailers_list/

もしかしたら、事業者名ではなく電力プラン名とかかもしれません。
ただ、私は「レノア」という名称は聞いたことはありません。

また、電力会社の解約料で5,000円というのは、あまり聞いたことがありません。
東京電力の一部プランで存在するとネット検索ではありました。
2年契約等の場合は、あるかもしれません。

ちなみに、北海道の知名度のある新電力会社ですと、解約料は無料、540円、または1年未満の解約時2160円などが主流です。

いずれにしても、電力会社へ切り替える場合は、きちんと説明を受けた上で納得してから切替えましょう。
もちろん、電力会社にも説明責任が必ずあるので、ホームページ、紙資料などの提示をお願いしましょう。
電話対応だけで、安易に電力会社を切り替えてしまうのはトラブルのもとです。
参考url(pdfデータ):http://www.meti.go.jp/press/2018/12/20181220005/20181220005-1.pdf

こちらで回答できるのはこのくらいです。
参考になれば幸いです。
お問い合わせありがとうございました。

現在コメントは受け付けておりません。