札幌市日本ハム新球場に関して情報交換

【日本ハム新球場記事随時更新中!】
最新記事⇒ 日本ハム新球場実現へ一直線!大谷に続き親会社も動かした背広組の活躍!?【2016.12.20up】

日本ハムファイターズの新球場構想について、7月8日の記者会見で球団と情報交換していることを明らかにしました。

5月24日のボールパーク構想が明らかになってから、進捗状況がなかなか報道されてませんでしたが、札幌市側と球団は水面下で着々?と情報交換を進めているようです。

それが、建設的なものなのか?形式的なものかは不明ですがね。北広島市への牽制だったりして・・・(そんなことはないか)

Sponsored Link

新球場候補地の具体的な場所には言及せず!

そりゃあそうでしょうね。言っちゃったら問題です。日本ハム球団のお話しですから!

札幌市の新球場候補地何ヶ所かの

  • 土地の利用状況。
  • 規制。
  • 交通。

などの情報を交換しているとのこと。

真駒内や北大、月寒グリーンドーム跡地などでしょうか?それとも、もっと違う場所のことか!?

秋元克広札幌市長の本音は札幌ドーム残留のようです

札幌市側としては、やっぱり札幌ドーム残留を希望しています。

「一義的に札幌ドームをこれまで同様、使っていただきたいと思っている」

と、秋元克広札幌市長は会見で話しました。そりゃあそうでしょう。

でも、現実はどうなることか・・・。北広島市にスルっと日本ハムファイターズの本拠地を持っていかれないように、交渉してくださいね。

プロ野球球団日本ハムファイターズに逃げられた街「札幌市」ということにならないように・・・

そして、ファイターズ本拠地が札幌市になりますように。

短冊に書いたかな~市長さん。

Sponsored Link

「日ハムと北大協定」という北海道新聞の見出しにちょっとドキっ!

日本ハムと北大協定

2016年7月9日北海道新聞朝刊、第3社会面に

「日ハムと北大協定」

という見出しがあり、思わず私は、新球場は北大!?と勘違いしてしまいました・・・。

協定というのは、日本ハム球団と北大観光学高等研究センターが連携協定を結んで、スポーツを観光資源とした地域活性化の研究を進めるというものでした。

具体的には、台湾からの観光客のマーケティングや、選手が協力している「北海道179市町村応援大使」事業と連携したイベント企画、学生のインターンシップなどです。

お互いに北海道を盛り上げる!という考え方は一緒で締結に至ったようです。

良いことですね!日本ハム球団は、本当に地域貢献をベースに球団運営をしています。札幌市も一緒になって協力して同じ方向性に進んでいって欲しい!新球場の建設もね。

札幌主夫札幌主夫

新球場構想発覚から今までの経緯は日本ハムファイターズ新球場ボールパーク構想最新情報まとめよりどうぞ!

Sponsored Link

こちらの記事も合わせてどうぞ♪

札幌主夫札幌主夫

主夫になった理由やメディア出演・掲載など「プロフィール」「男性育児休暇取得体験談」もどうぞ♪